スピリチュアル生活向上委員会

 この乱世を生き抜くヒントを考察する
たまに占い紹介ページ有り。by 生活向上委員会(^^)/
                            がんばるのを止めると成功する!? 人気ブログランキングへ

Copyright 生活向上委員会



↓↓ 11月30日まで ↓↓

Facebookの使い方
「いいね!」で日給2万円!?

*************


登り坂の目的地、下り坂の目的地

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
 登山をイメージしてください。
登山の目的地はほとんどの場合、山頂ですね。
ルートはいろいろですが、基本的に山頂を目指します。
では、下山の目的地は?

 人それぞれに違いますね。
○○方面、××方面、と多方面にわたります。

 つまり、登り坂の場合は画一的な方法論で成功ができます。
しかし、下り坂で目的とするところへ到達するにはそれなりの工夫が必要になります。
その基本になるのが、方向性です。
自分が何を望んでいるのか。
この望んでいる方向へ進む必要があるのです。
具体的な望みは千差万別ですが、共通の概念としては「快適性」が優先されることでしょう。
この快適な状態がどのような状態かは、人それぞれになるのです。

 そこで、具体的な目標を定めるにあたっては、今までの共通目標のような有名企業への就職や出世などを一旦除外する必要があります。
そのうえで、どのような状況が自分にとって快適なのか。
それを追い求めているうち結果的にこうなった、というのが理想的です。

 実は登り坂でもそれは同じなのですが、あまりに山頂ありきでしたので勝ち組負け組みたいな風潮ができてしまったのですね。
逆に言うと、下り坂の場合は目標を定めにくいともいえます。
どうなれば幸せかは自分にしかわかりません。
ですので、目標はあくまでも仮程度に考えておいた方が無難です。
常に物理的目標は移動できる自由度が望まれます。
ただし、魂の快適という精神的目標はきっちり押さえておく。
そうすれば、今がどのような状況であれ幸せ感は消滅しないはずです。

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。


共感ぽちっ!
↓ ↓ ↓   

成功哲学 ブログランキングへ


Copyright 生活向上委員会

下り坂思考

ブログネタ
心理カウンセラー発 役立つネタ に参加中!
 下り坂思考とは、ひと言でいうと彫刻のようなものです。
一本の木から仏像を作るところをイメージしてください。
「作る」という言葉のイメージは、どんどん足していくように感じますが、彫刻は違いますね。
彫刻は、不要な部分をどんどん削ります。
すると仏像が浮かび上がるのです。

 これ、粘土細工より難しいですね。
そう感じるのは、今までの常識が彫刻思考ではなかったからです。
これからは何を削って何を残すか、の思案が求められています。
自分の思考で常識化した不要物を点検する時期にきています。

 だからと言って、役に立たないものを抹殺するのとは違います。
役に立たないように見えているだけです。
どんな役に立つか考え、有効に活用する必要があります。
現に、登り坂ではその常識が有効だったのです。

 つまり、今自分を苦しめている常識は、ひょっとして不要かもしれない、と検討してみる。
この考え方は使えそう、と思われるものを採用する。
そのようにして、下り坂に適した思考に転換していこう。
あらゆる常識を再検討してみよう、という提案です。
本棚の本を入れ替える感覚的ですね。



共感されましたらポチッ!
↓ ↓ ↓  
 
成功哲学 ブログランキングへ
Copyright 生活向上委員会

まずは登り方の復習

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
 では今回は登り坂で成功する方法です。
これは、今までの常識といわれるものが値します。
物理的行動が重視され、とにかく行動せよと躍起になります。
周りの環境を支配しようとします。
人間関係も相手を自分の思い通りに行動させようとします。
思い通りに動かないものは抹殺もやむなし、と考えます。
パワーの大きいものが支配し、パワーの少ないものはそれに追従する。
当時、車もパワーの大きいのがもてはやされました。

 例えていえば、登り坂は粘土細工のようなものです。
こねて形を変えていく。
そして、必要な部品を作成し、さらに加える。
どんどんものを大きくできる。

 時代が登り坂の場合、成功法則さえもこのようなやり方に使われてきました。
成功法則は重力の法則のようなものなので、登り坂ではそのように使って成功する、というのも納得できます。
登り坂では重力を制覇しながら上へと登るからです。

 ところが今、常識といわれる成功方法を行ってもなかなか成功できません。
それは、時代が下り坂に転じたからです。
ですので、重力を制覇するための方法論は不要になります。

 そこで、意識の転換が必要になるのです。
それでは次回、下り坂とはどのようなものか見ていきましょう。


共感ぽちっ!
↓ ↓ ↓   

成功哲学 ブログランキングへ


Copyright 生活向上委員会

登り坂と下り坂

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
 坂を登るときに使う筋肉。坂を下るときに使う筋肉。
共通する筋肉ももちろんあるでしょうが、基本的に違う筋肉を使いますよね。

 では、人生ではどうでしょう。

 長らくの登り坂を終え、現在は下り坂に差し掛かっています。
にもかかわらず、私たちは登り坂ををうまく登れた方法に固執してしまっています。
登るための筋肉を使って下ろうとしているのです。

 登り坂は重力に対していかに反発するか。
車でいうと、アクセルですね。
では、下り坂は?
エンジンブレーキです。

 下り坂にもかかわらず、私たちはアクセルを踏んでなんとかしようとしているのではないでしょうか。

 下り坂では、いかに重力と調和をとるか、が重要です。
アクセル、ブレーキ、ハンドル、の使い方を根本的に見直さなければなりません。

 思考方法も同じくです。
今までの習慣的な教えは登り坂に適応したものがほとんどです。
登りには登りのテクニック、下りには下りのテクニック。
次回から、このあたりを読み解いてみましょう。



共感されましたらポチッ!
↓ ↓ ↓  
 
成功哲学 ブログランキングへ
Copyright 生活向上委員会
Profile
カウンター


書籍検索
書籍以外にも
CD,DVD,PCソフト等
全てのAmazon商品を
検索できます

---------


じゃっく関連リンク
じゃっくの連絡先



Twitterボタン
Twitterブログパーツ

リンク用バナーをお使い下さい

最初の記事から読む!
by liedoor

じゃっくのランキング報告
by 人気ブログランキング




暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

モッピー!お金がたまるポイントサイト

---------


RSSリーダーとして使えます
↓↓
My Yahoo!に追加
Add to Google
RSS

・富を引き寄せ裕福になるために


アクセスランキング

超おすすめ本


第二の脳





------


------

よく行くリンク
horusさんのBlog

tsukiさんの
月と読書と映画と珈琲


↑ ↑ ↑
JAZZ専門ネットラジオ

れっつはっぴぃさん
ENKORA Networkさん
隠れデコつむじ日記|ω・)チラさん
りっぴのなかなかブログ☆さん
ぱぴぃのおなかさん
〜お堅い教育論もいいけれど〜

ミッツィーボール
↓↓↓実は私も愛用してます
Mittuy Ball

峰フシ子さん
↓↓↓


やすっち#♪さん

ねんどネコ
「にょろ子」
さんの日記です
にょろ子堂

読んで楽しいゆみさんの
ゆみの考え事

ぜひ一度読んでほしい
バドミントンの心理学♪

初めてコメントをくれた
パンダさんのblog
前向きに・・・

monchさん がんばってます
ROM

シンクロニシティが気になる
みゅーさんの
こころセラピー SmiLy


コメントありがとう !!
アクセスup
無料アクセスアップツール
Warp!-mini

URLを入力すると、
誰かに閲覧されます。
ログログシール
足あと付けていって下さい。
後日、訪問させて頂きます。 ログログシール
試験中
Yasazon : ヤフー経由で
アマゾンを検索!
-----------------------
眠りながら聴く
マーフィー

定価 ¥ 1,470
中古本も
 あるかも!
powerd by amazon360

---------
  • ライブドアブログ