スピリチュアル生活向上委員会

 この乱世を生き抜くヒントを考察する
たまに占い紹介ページ有り。by 生活向上委員会(^^)/
                            がんばるのを止めると成功する!? 人気ブログランキングへ

Copyright 生活向上委員会

2010年04月




葬儀

 昨日、親戚のおじさんが死にました。
いつも親しくさせて頂いた人なので、たいへん悲しいです。
私自身悲しいのは事実なのですが、それよりも、周りの方々が悲しんでいるのを見るのがそれにも増して悲しい。
こんな気持ちは初めてです。

 おじさんは、究極の自由を得ました。

 これからは、おじさんは皆の心の中に生きます。
私の心に、おじさんは生きます。
おじさん、ありがとう。


----------------------------------------------------
  ↓ ↓ ↓ 生きる!と思った人も。。。
にほんブログ村 哲学ブログ 人生・成功哲学へこんな生き方に賛成の人も、 ポチっ!
----------------------------------------------------

Copyright 生活向上委員会

引き寄せられ?の法則

 私たちが思考すると、それが引き寄せられてくる。
これが、引き寄せの法則ですね。
これは、自分の意思で出来事を引き寄せている、という能動的解釈が一般的です。
この解釈でうまく引き寄せている場合は問題ないのですが、どうも腑に落ちない、自分にはそんな能力は無いような気がする、という人もおられるのではないでしょうか。

 実際には、波動による引き寄せ合いは常に起こっているのですが、腑に落ちないとなると、それをうまく活用できないので面白くありません。
なんとか腑に落ちる状態に持っていき、活用したいと思うのが本心というものです。

 そこで、考え方を裏返す、というのはいかがでしょうか?
私たちの思考に合致したものに、私たちが引き寄せられる、と考えるのです。
相対的には同じことなのですが、こちらのほうが自然と言えば自然な考え方ですね。

 たとえば、何かが欲しくてそのことばかりを考えていたとしましょう。
すると、あなたはそれが手に入りそうな情報を嗅ぎつけますと行動を開始します。
これが、引き寄せられている姿です。
うまくいけば、あなたはそれを手に入れることでしょう。

 つまり、思考するとそれに関する情報に敏感になり、そちらに引き寄せられるのです。
この時、同じような状況が起こっても、そのような望みを持っていない人はスルーしてしまうかもしれませんね。

 ですので、思考をうまく使って、自分の望みどおりのものを引き寄せよう、というのが「引き寄せの法則」なのです。

 いかがですか?これで腑に落ちた人が増えたのではないでしょうか。
人は腑に落ちると素直に聞き入れることができるようになり、素直に聞き入れられるようになると結果が現れだします。

 これで、あなたも引き寄せの達人になれるかもしれませんよ!

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。

----------------------------------------------------
  ↓ ↓ ↓ 引き寄せがわかった!と思った人も。。。
にほんブログ村 哲学ブログ 人生・成功哲学へこんな生き方に賛成の人も、 ポチっ!
----------------------------------------------------

Copyright 生活向上委員会

心の業務改善命令

 もし、今のあなたがうまくいっていないとしたら、心の業務改善が必要です。
会社が危機に陥っている時、業務の施行方法を改善しなければならないのと同じです。

 それでは、また、課長と営業マンの場合で考えてみることにしましょう。
会社としては、営業マンに売り上げを上げてもらうことが必要です。
売り上げが上がらないということは、この営業マンに何らかの問題があると考えられます。
この営業マンをなんとかするのが課長の使命です。

 これをあなたの状況に置き換えてみますと、あなたの潜在意識に問題が生じていることになります。
そして、それをなんとかする使命を持つのが顕在意識といえます。

 この時、営業マンの立場に立って考えると、指示の方法が良くわかると思います。
営業マンは、それなりにがんばっているのですからしった激励するだけでは営業マンも困ってしまうでしょう。
 では、どうすれば良いのでしょうか。
課長と営業マンは他人同士ですので、お互いに性格が違います。
ですので、課長としては色々な試行錯誤が必要です。
営業マンの心は課長にはわからないからです。
 しかし、潜在意識の場合は少し違いがあります。
課長と営業マンという関係は似たものなのですが、顕在意識と潜在意識は同一人物の心なのです。
 ですので、潜在意識は捉えようの無いものではなく、自分自身の心である、ということなのです。
自分自身ということは、潜在意識は自分の性格を反映している、と考えられます。

 ここに、潜在意識改革のヒントが隠されています。
あなたはしった激励されると奮い立つ性格ですか?
上からの制圧があった方が行動しやすいですか?
 それとも、じっくりと話し合いたい方ですか?
これを機会に過去を振り返ってみてはいかがでしょう。
過去に、問題を相談し、うまく変革に成功した経験を思い出してみましょう。
その時、相手はどのように自分を方向転換させてくれたかを思い出すのです。
あなたが方向転換しようと奮起したきっかけを作ってくれたのは、相手のどのような行動(言動)だったでしょうか。

 この方法であなたは方向変換に成功したのですから、自分自身に対しての訴えかけも、その方法を採用するのです。
それこそが、あなたにフィットした方法なのです。

 どうですか?これで自分自身との対話もうまくいいそうですね。
この際、これが全てという概念は抜きにしましょう。
自分自身にフィットする方法を見出すのです。
すると、あなたは必ずうまくいきます。うまくいき始めます。

 営業マンの性格さえつかんでしまえば、課長は営業マンをうまく導くことができるでしょう。それと同じです。

 ちょうど良い機会ですので、この際、過去をじっくり検証し、自分の性格を分析したうえで、自分をうまく導いていきたいものです。

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。


----------------------------------------------------
  ↓ ↓ ↓ 性格分析!と思った人も。。。
にほんブログ村 哲学ブログ 人生・成功哲学へこんな生き方に賛成の人も、 ポチっ!
----------------------------------------------------

Copyright 生活向上委員会

溢れる情報にフィルターをかける

 現在の世の中は情報の洪水と言われています。
この状況で、無意識に任せていると右往左往させられる結果になるのですね。
テレビをなんとなく見ているとか、なんとなく会社に行っているとか。
 この情報洪水も、うまく自分に有益な情報のみを得られるとしたら、願ってもないメリットに変身するのです。
情報は溢れるほどあるのですから、この中から自分の必要な情報を汲み取ることができれば素晴らしいと思いませんか?

 それができるのです。
意識の力を活用すると可能になるのです。

 前回の課長と営業マンの関係を思い出して下さい。
課長が営業マンに○○について有益な情報を集めろ、と指示するとどうなるでしょう。
この指示の元に、営業マンは必要な情報を探しに動き出すことでしょう。
後は、課長は営業マンを信じて待つのみです。
営業マンが持ち帰った情報を吟味し、活用するのは課長の腕しだい。
 この時の営業マンの心境はと言うと、課長の支持する情報を集めることに集中するため、他のことには意識が向かない状態にあります。
情報の選別をしているわけです。
この状態は、言い換えれば、フィルターを掛けていることになりますね。
情報にフィルターを掛け、必要な情報のみが通る状態になっているのです。
このフィルターが掛かっている状態の副産物として、必要でない情報は排他されている、ということがさらに拍車をかけています。
いい事ずくめになっているのですね。

 この方法とは逆に、無益な情報や気分が悪くなる情報に対しフィルターを掛け、気分を害することを防ぐ、という使い方もできます。
要は、指示のしかた、ですね。

 この方法を自分自身の中で、意識で無意識に指示してください。
きっと、自分を高めてくれる情報を多く受け取り、気分が悪くなる情報はスルーされるようになることでしょう。

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。


----------------------------------------------------
  ↓ ↓ ↓ 意識のフィルター!と思った人も。。。
にほんブログ村 哲学ブログ 人生・成功哲学へこんな生き方に賛成の人も、 ポチっ!
----------------------------------------------------

Copyright 生活向上委員会

潜在意識は顕在意識に答える

 昨日の記事を実践していきますと、意外にも周りをコントロールできているかのように感じられてきたのではないでしょうか。
その域です。あなたの中に「転換のプロセス」が始まったのです。
これは渦のようなものなので、始まりだしたらどんどん広まっていきます。
意識的にその状況を助長しましょう。

 さて、ではなぜ事がうまく回り始めたのでしょうか?
これは、潜在意識と顕在意識の関係を解明すると良くわかります。
私たちが気づける意識は顕在意識と称されています。
意識できない意識、無意識が潜在意識、というわけです。
顕在とか潜在とかややこしいので、意識と無意識と表現することにしましょう。

 意識ではどうすることもできない、とか、無意識に逆らうことはできない、とか言われていますが、これもYes and Noなのです。
確かに無意識には逆らうことはできないのですが、成功する場合は逆らわずして成功するのであり、失敗は逆らえずに失敗するのであります。
では、やはり逆らえないのでしょうか?

逆らえません。

絶望?

 そんな訳ないじゃないですか。
解決策を見出したから、今、このブログにupしているのです。
現にあなたは周りをコントロールし始めているではないですか。

 ここで重要になるのが、意識と無意識の使い方、なのです。
 無意識は最前線で戦う営業マンと考えて下さい。
会社の売り上げは、この営業マンしだいですね。
他にも色々な要因があるでしょうが、実践で売り上げを上げているのは営業マンに他なりません。
 では、この営業マンは誰の指示を得て行動しているのでしょうか?
上司ですね。課長であったり部長であったりします。
これが意識なのです!
これこそが、私たちが自由に使える意識なのです。
 イメージが湧いてきましたか?
売り上げは営業マンしだいだから私は何を言ってもしかたがない、と課長が思っていたら、その会社の売り上げは・・・。
営業マンがヘタクソだから私が直接売りに行こう、と課長が頑張っても・・・。
いずれも得策でないことは明解です。
これと同じことを私たちは心の中でやってしまっていたのです。

 では、どうするのが良いでしょう?
課長が営業マンに対し、うまく指示できれば、営業マンはやる気に溢れ売り上げに貢献するのではないでしょうか。

 話をまとめますと、
私たちに自由を与えられているのは「意識」です。
この力で直接的に実現しようとするのではなく、「意識」は指示に専念する、ということが重要なのです。
そして、あとは「無意識」に従う。
その結果が不満であれば、指示を変更するのが賢明です。
 ここで重要なのは、「意識」に影響力がある、ということです。
しかも、自由に変更(コントロール)できます。
 営業マンと課長の関係からもわかりますように、課長がむりやり営業マンを叱咤激励しても売り上げが上がるとはかぎりませんね。
ですので、そのあたりを考えながら、無意識に対して意識で指示するのです。

 この方法論を実践していきますと、自己イメージを向上させることも可能になり、周りにも影響力が強くなり、しかも自分をもコントロールできるようになるのです。

 「意識」と「無意識」の関係、おわかり頂けましたか?
これであなたも何者にも拘束されることなく、自由を得られましたね(^^)

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。


今日もポチッとありがとう!
↓ ↓ ↓   
人気ブログランキングへ


Copyright 生活向上委員会
Profile

じゃっく

カウンター


書籍検索
書籍以外にも
CD,DVD,PCソフト等
全てのAmazon商品を
検索できます

---------


じゃっく関連リンク
じゃっくの連絡先



最初の記事から読む!
by liedoor

じゃっくのランキング報告
by 人気ブログランキング




暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

モッピー!お金がたまるポイントサイト

---------


RSSリーダーとして使えます
↓↓
RSS

・富を引き寄せ裕福になるために


アクセスランキング

超おすすめ本


第二の脳





------


------

よく行くリンク
horusさんのBlog

tsukiさんの
月と読書と映画と珈琲

れっつはっぴぃさん

隠れデコつむじ日記|ω・)チラさん
りっぴのなかなかブログ☆さん
ぱぴぃのおなかさん
〜お堅い教育論もいいけれど〜

ミッツィーボール
↓↓↓実は私も愛用してます
Mittuy Ball

峰フシ子さん
↓↓↓


やすっち#♪さん

ねんどネコ
「にょろ子」
さんの日記です
にょろ子堂

読んで楽しいゆみさんの
ゆみの考え事

ぜひ一度読んでほしい
バドミントンの心理学♪

初めてコメントをくれた
パンダさんのblog
前向きに・・・

monchさん がんばってます
ROM

シンクロニシティが気になる
みゅーさんの
こころセラピー SmiLy


Archives
コメントありがとう !!
  • ライブドアブログ