スピリチュアル生活向上委員会

 この乱世を生き抜くヒントを考察する
たまに占い紹介ページ有り。by 生活向上委員会(^^)/
                            がんばるのを止めると成功する!? 人気ブログランキングへ

Copyright 生活向上委員会

2013年11月




富と宇宙と心の法則



 対立概念を解消すると、魂と理性の一致がしやすくなる。
ということは、自分が意図するところを引き寄せやすくなる。ということですね。

『富と宇宙と心の法則』のP36に「共存を受け入れる」というのがあります。
対立する概念の共存を受け入れるとどうなるか?
  ↓
区別をしなくなる
  ↓
内面の騒がしい対話が収まる
  ↓
創造性への扉が開かれる

 「内面の騒がしい対話」というのが、良い流れを阻止しているようです。
その原因が「対立」であり、それを「共存」させることができれば流れはスムーズになり、うまくいくというわけです。
対立がなくなればストレスも減るでしょう。
リラックスの度合いが増します。
そこに創造性の扉が開かれるのですね。

 この本には、今まで学んできたことが要約されているところがあります。
次回から、追ってみることにしましょう。

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。




じゃっくのブログに一票!
↓ ↓ ↓   
人気ブログランキングへ

Copyright 生活向上委員会

対立概念

 私たちは「そのものの一部を認識している」ということがわかってきましたね。
これがわからないと、対立が生まれてしまいます。

セスは語る P605

 しかし、対立概念はどれも、あなたがたが理解していない深い一体性を表しています。その善悪の概念の大部分は、現時点でみずから採択している意識の種類に起因しているのです。あなたがたが知覚しているのは全体ではなく、部分です。顕在意識は、迅速で限定的でありながら高密度な光を用いて焦点を合わせ、定められた現実 (リアリティ) の場から一定の「刺激」だけを知覚します。そうした知覚をまとめ上げ、類似点の連絡機構を作り上げるのです。顕在意識は、自分が現実 (リアリティ) の一部であると認めないものを知覚することはありません。


 つまり、「あなたの目線で見るとそれは正しい」ということになります。
にもかかわらず、私たちは自分の目線から見えるのがすべてと解釈し他の目線は否定しがちです。
ここに対立が発生してしまいます。

 この対立概念は、自分の心の内にも応用することができます。
それは、リアリティ・トランサーフィンの言う「魂と理性の一致」です。
魂と理性が対立概念にありますと、物事はうまくいきません。
これは、潜在意識と顕在意識と読み変えても同じです。
私たちの理性(顕在意識)は、自分の感覚器官でとらえたことのみに捉われがちです。
しかし、それがすべてではない、と理性が理解したら・・・。

 理性が魂に歩み寄った瞬間、新しいなにかが始まることでしょう。

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。

** あわせて読みたい **
自由意志を尊重すると心が楽になる


じゃっくのブログに一票!
↓ ↓ ↓   
人気ブログランキングへ

Copyright 生活向上委員会

人生は幻想か?

 人生は幻想である。よく聞く一節ですね。
これは正しくもあり、間違いでもあります。
私たちが見たり聞いたり感じたりすることは、実際に存在しています。
つまり、幻想ではありません。
夢の世界では、実在しないものを見ることもあります。
これは、幻想に近い、と言えます。(あくまでも、近い、です)
夢で見たものが実在していることもあります。

 ではなぜ、人生は幻想と言われるのでしょう。
 『QE 瞬間ヒーリングの秘密』のP122にみごとな表現がありました。

「私たちが考えているように存在しているわけではない」

 つまり、見たり聞いたり感じたりしたものがすべてではない、ということです。
私たちは感覚器官でとらえたものごとがすべてだと思いがちですが、それはそのものの一部を認識しているにすぎないのです。

 このことが理解できると、人生は幻想という意味がわかってくることでしょう。
そして、視野も広がりますね。(この場合の視野は視覚以外の意味も含む)
見たままを信じることも必要ですが、角度を変えると見え方も変わるという含みを持ちながら見ることができます。
あの角度で見るとそう見えるだろう、という推測が立ちます。
その人にとっては推測なのだから、幻想とも言えます。
推測の時点では幻想であるけれども、実際にその角度に立って見るとそのように見えます。
実在ですね。

 それでは、話をまとめましょう。
私たちは実在の一部しか認識できない。
だから、そのほとんどを想像で補っている。
それが幻想と表現されている。


 本日もお読み頂き、ありがとうございます。


じゃっくのブログに一票!
↓ ↓ ↓   
人気ブログランキングへ

Copyright 生活向上委員会

苦しみを発生させる方法

 今回は「呼吸」という行為を参考にしながら、私たちはなぜ苦しむのか考えてみたいと思います。

 呼吸は身体の機能の中では、意思が介入できる数少ない機能です。
息を止めようとすれば、止めることができます。
速めようとすれば速められます。
しかも、オート機能もそなえています。

 一般に、吐く息と吸う息のバランスで他の機能が成り立っています。
吸いすぎても吐きすぎても、結果は苦しいのです。
吐くだけでも吸うだけでも、苦しみます。
止める時間が長ければ、苦しいだけではすみませんね。

 吸うことがすべてでもなく、吐くことがすべてでもありません。
にもかかわらず、私たちの人生ではとかくこれが偏りかちです。
吸うことを入力、吐くことを出力、と考えればよくわかるでしょう。

 たとえば、お金。
これは喜びの源泉になったり、苦しみの源泉になったりします。
お金は多いほうが良いと思った人は、稼ぐことに躍起になります。
ところが、いつまでたっても苦しい。
なぜか?
吸ってばかりで、吐いていないからですね。
 少ないほうが気苦労しなくてすむと思った人は、入ってきたお金をどんどん使います。
ところが、いつまでたっても苦しみがなくならない。
吐くほうに力点を置きすぎた結果ですね。
 貯めるのが好き、使うのが好き。どちらもバランスを欠くと苦しみが発生します。

 呼吸から学ぶものが、もうひとつ。
「肺活量」です。
これは、「容量」に置き換えられます。
適正量、と言い換えてもよいでしょう。

 肺活量の多い人は、呼吸の量も多くなります。
金銭的肺活量が多い人は、多く稼ぎ多く使うことでしょう。
金銭的肺活量が少ない人がこの稼ぎの多さを見て、多く稼ぎたいと思ったとしましょう。
この人はテクニックを学び、稼ごうとします。
しかし、うまくいきません。なぜでしょう?
まずは、肺活量を上げるトレーニングをしなければならないことに気づいていないからです。
 大金持ちがつつましい人を見て、気楽でいいなと思ったとします。
するとお金を減らすために、どんどん使います。
「吐く」ことに重視しすぎたため、呼吸困難になります。
苦しみの発生です。

 この概念は、あらゆる事柄に適用できます。
みなさんもいろいろ考えてみると面白いでしょう。

 結論的に申し上げれば、循環のバランスと容量の適正化、です。
このバランスがうまくとれていなかったり容量を無視したりすると、人は苦しむようです。


 本日もお読み頂き、ありがとうございます。


*** あわせて読みたい ***
出せば入ってくるのか?@お金編
お金持ちの法則




じゃっくのブログに一票!
↓ ↓ ↓   
人気ブログランキングへ

Copyright 生活向上委員会
Profile

じゃっく

カウンター


書籍検索
書籍以外にも
CD,DVD,PCソフト等
全てのAmazon商品を
検索できます

---------


じゃっく関連リンク
じゃっくの連絡先



最初の記事から読む!
by liedoor

じゃっくのランキング報告
by 人気ブログランキング




暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

モッピー!お金がたまるポイントサイト

---------


RSSリーダーとして使えます
↓↓
RSS

・富を引き寄せ裕福になるために


アクセスランキング

超おすすめ本


第二の脳





------


------

よく行くリンク
horusさんのBlog

tsukiさんの
月と読書と映画と珈琲

れっつはっぴぃさん

隠れデコつむじ日記|ω・)チラさん
りっぴのなかなかブログ☆さん
ぱぴぃのおなかさん
〜お堅い教育論もいいけれど〜

ミッツィーボール
↓↓↓実は私も愛用してます
Mittuy Ball

峰フシ子さん
↓↓↓


やすっち#♪さん

ねんどネコ
「にょろ子」
さんの日記です
にょろ子堂

読んで楽しいゆみさんの
ゆみの考え事

ぜひ一度読んでほしい
バドミントンの心理学♪

初めてコメントをくれた
パンダさんのblog
前向きに・・・

monchさん がんばってます
ROM

シンクロニシティが気になる
みゅーさんの
こころセラピー SmiLy


Archives
コメントありがとう !!
  • ライブドアブログ