最近、本題からはずれ、パソコン悪戦苦闘日記みたいなのばかりupしていますが、これもblogと言う事で、どうかお許しを...。

 で、サブタイトル
恐るべし日立製パソコン

 本日、ついに意を決して日本橋にパソコンを買いに行った。
私が物色するからには、もちろん中古パソ!
日立のFlora370 TS7
Pen 2G Mem1G HDD60G このスペックに惚れました。
メーカーHPでもドライバーの供給に問題は無さそう。
 で、ご購入!

 で、わくわくしながら、OSのインストール・・・。
なんじゃこらぁ〜!!

インストールの途中で固まる...。
どうやら、インストールの際に必要なCDデバイスのドライバーがWinのCDの中に無いようです。
 こんなのアリかよぉ。メーカーHPにも、そんな事は書いてないし、当然必要なドライバーも置いていない。今までに無いケースにちょっとびびる。

 でも、すぐに立ち直って冷静に対処。
CDを入れずに起動すると、ハードディスクからDOS起動しました。
どうも、そのなかに、必要なドライバーが入っている様だ。
ここからCDにアクセスして、Winをインストールできそう。(DOSの知識は少しは有る)
 だが、それをすると、最終的にはフォーマットしなけりゃならないので、そのドライバーファイルは当然無くなってしまう。
 これは困る。再度、再インストールできなくなる。(私は何度も再インストールしたい派)
この起動したDOSからフロッピーに全て転送してもシステムファイルはコピーできない。
LINUX-CDで起動を試みたが、途中でエラー。

 ん〜。やっぱり分解して、HDDを引っ張り出し、他のPCに繋いで転送するしかないか...。
じゃまくさいが、しゃぁないなぁ。

 という訳で、分解を試みますが、もう遅いので明日にします。

 ありがとうございました。おやすみなさい。

Copyright 生活向上委員会