d48381fa.gif 現在、大阪では台風かと思われる風が吹いています。
風は、物が飛んでくる恐れがありますので、外出時は注意が必要です。
大阪以東の方は、雨がやんでも安心せず風にご注意ください。

 さて、ここで私は考えました。
「雨がやんだけど、風が強いなぁ。」
と、なにげに思ったわけですが、“雨がやんだ”は ポジティブ思考、“でも風が強い”はネガティブ思考ですね。
 ポジティブ思考の後、これをネガティブ思考で打ち消してしまったわけです。
上記の言葉には、なんとなく嫌だなぁ、というニュアンスが感じられネガティブ思考が尾を引きます。
こういう思考回路は、往々にして発生します。

 否定的に考えてしまった、と気づいた時は、すかさず再度否定しましょう。
マイナスにマイナスを掛けてプラスに転じるわけです。
 たとえばこんなふうに。
「でも、雨がやんだのだから、まあええか。」
という感じです。
 このことにより、風が嫌だという感情より、雨があがった事の感謝の気持ちにウエートがいくように思います。
 肯定的な考えを即座に発想することは、なかなかできることではありませんが、否定的な感情を再度否定して肯定的思考に持ち込むのは、その気になればできるのではないでしょうか。

 この思考訓練を繰り返すうちに
「風は強いけれど、雨がやんで良かったなぁ」
と即座に肯定的に考えられる思考回路に変わってゆくと思われます。

 ありがとうございました。
Copyright 生活向上委員会
にほんブログ村 哲学ブログ 人生・成功哲学へ
清き一票を↑↑↑“ポチっ”