前回 2009/2/3 の、ぬけさんのメッセージ「人生は金太郎飴では無い」を考察してみたいと思います。

 まず、人は今の状況が未来へと延々と同じ状況が続くと考えがちです。
しかし、これは単なる錯覚でしかありません。
これは過去を振り返るとよくわかるのですが、えてして過去の記憶は良いものばかりだったり悪いものばかりだったり偏っていることがよくあります。
ですので、単に過去を振り返っても延々悪い事が続いているように感じてしまったり、良い事が続いているように感じられるのです。
 過去を振り返る時は、冷静にクリヤーな状態で考えるのが賢明です。
悪い事ばかり思い出される場合は、良い事も思い出すよう努めるのが良いと思います。
 また、悪いと思っていても、考えてみれば結果的に良かった事もあるでしょう。
歴史を振り返るように自分の過去を顧みるのです。
そして、悪い状況を思い出しても、その時自分は悪い状況だと感じていた、と過去形で考えるのです。すると、今ではその状況を違う観点で見られるようになっているのが発見できるでしょう。

 いわゆる過去の失敗を今に生かせる、と言うより、過去の状況を今に生かす、という考え方です。

 人生は金太郎飴では無い、ということは、人生は常に変化する、ということです。
それは、良くも悪くも変化する、ということです。
良い悪いは本人の考え方しだいです。

 今の状況が良い人にはより良い変化が訪れるように(または、次の変化が良い事だと感じられる自分になれるよう)、今良くない人は少しでも良い変化が訪れるように、自分の行動を方向付けるのが良いと思います。

 では、どの方向に行動すれば良いのか。。。
これについては、次回お話ししたいと思います。

 ありがとうございます。


----------------------------------------------------
  ↓ ↓ ↓ なるほど、と思われた人も
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへこんな生き方に賛成の人も、 ポチっ!
----------------------------------------------------

Copyright 生活向上委員会