人は先入観を持って生きています。
先入観を過去の経験と言い換えることもできるでしょう。
これはどうしてもぬぐいきれないものなのですが、あえて先入観を解き放って周りを見渡してみてはいかがでしょう。

 常に私たちは思っています。
この世の中はこういうものだ。
あの人はこういう人だ。
自分とはこういう人間だ。
私にはできない。
世の中は変わらない。変えることなんか不可能だ。

 これらは過去の経験上言える事で、それもまた事実なのですが。。。
この過去の経験は、今後の自分が行動する上で非常に重要なのですが、これが逆に自分の成功範囲を狭めていることも少なからずあることに気づくのが重要です。

 たとえば、あの人は機械を扱うことに弱いからパソコンの扱いも得意ではないだろう、と思ってしまう。(先入観ですね。)
だから、この人にパソコンの入力は頼めない、となるのです。
頼まないうちから、自分でそう決めてしまっているだけなのですが。。。
頼んでみれば、意外にその人はパソコンの入力だけはなぜか得意だったりする可能性はゼロではありませんよね。
 不得意だけれど、上手くなりたいので手伝いたいと言うかもしれません。
 それを自分の先入観で頼んでもムダだと決めてしまってはもっていないですよね。

 その逆に、あの人はパソコンが得意のようだから入力を手伝ってもらおうと声をかけてみると、グラフィックの作成は得意だが単純な入力は苦手だ、と断られるかもしれません。
 この場合、なんか裏切られたような気がしますが、自分の単なる思い込み通りにならなかっただけですね。(先入観です。)

 このように、自分は先入観を通して周りを見ている、と自覚し、またその先入観は当たることもあれば外れることもある、と考えるのが妥当なようです。

 こう考えると先入観にコントロールされずに行動範囲も広がり、成功する範囲も広がるのではないでしょうか。

 ありがとうございます。


----------------------------------------------------
  ↓ ↓ ↓ 先入観のある人も。。。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへこんな生き方に賛成の人も、 ポチっ!
----------------------------------------------------

Copyright 生活向上委員会