「あなたはやればできる子なんだから」と子供の頃によく言われた経験はありませんか?
そう言われて育ったあなたの親御さんは素晴らしい人だと思います。
自分はやればできるのだ、という先入観を持つように育ててくれたのです。
 2009/5/16の記事で先入観が成功の幅を狭めていることがわかってきました。
これは、悪い事柄に目を向ける傾向が強いため、悪い先入観が身に付いた結果です。
そこで、悪い先入観を取っ払ってしまおう、というわけです。
悪い先入観を取り払うと見える世界が変わってきましたでしょうか?

 それでは、成功の幅を広げるためにこの先入観をうまく活用する方法を考えてみましょう。
先入観をうまく活用すれば、成功の幅を広げられる可能性が見えてきます。

 先入観を取り払った状態は、きわめてニュートラルな状態です。
まずは、このニュートラルな状態になることが必要です。
その後、自分に対し良い先入観を植え付けていきます。
良い先入観を植え付けるためには、良い事柄に目を向けることが肝要です。
悪い事柄に目を向け続けた結果悪い先入観が身に付いたのですから、その逆をするのです。
 自分はやればできる、という先入観を身に着けることを基本的な目標にするとよいでしょう。
失敗した事柄は状況の確認にとどめ、あまり見続けない。(見続けると悪い先入観になります)
少しでも成功した事柄は、おおいに評価し賞賛する。そして何度も見、味わう。
 このことを繰り返すうちに、自分に良い評価を持つ先入観が身に付いてきます。
すると、自分はできるという先入観が作用し、成功する幅がどんどん広がると思われます。

 ありがとうございます。



----------------------------------------------------
  ↓ ↓ ↓ 先入観を活用しようと思った人も。。。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへこんな生き方に賛成の人も、 ポチっ!
----------------------------------------------------

Copyright 生活向上委員会