パラレル思考は注入するエネルギー量にさえ気をつけていれば、けして中途半端にはならないことがわかりました。
 そこで、今回はパラレル思考でいくとどのような良いことがあるか考えてみたいと思います。

 パラレル思考は、あれやったりこれやったりする事でしたね。
そういうやりかたをしていると、物事に行き詰る感覚が薄れてきます。
シリアル的に考えると行き詰っている事柄でも、今はそれをやっていないので行き詰まり感がありません。
今やっている事柄が行き詰ってくると、新たな事柄を始めますので、その行き詰まり感も感じずにすみます。
 つまり、マイナス面をあまり感じずにすむのですね。
これは心理的に素晴らしい効果をもたらします。
自然とポジティブ思考になっていけるのです。

 それから、もうひとつ。
潜在意識を大きく活用できることです。

 「潜在意識から回答を得る方法」でも書きましたが、人は意識して考えている間はなかなか対策が見つからないものです。
しかし、あれが煮詰まったらこれをやっているうちに、あれの回答が思い浮かんだりするものです。
これが潜在意識の活用ですね。
これをやらずにあれに集中するあまり、ずっと考え込んでいますと、潜在意識からの回答を待つという行為がなかなかできないものです。
待てないと、結果として潜在意識からの回答は得にくくなります。
 そこでパラレル思考的行動をしますと、あれやったりこれやったりしますので、待つという意識なしに待てるので、潜在意識からの回答を得られるやすくなるのです。
さらに、待つという意識がない方が潜在意識からの回答を感じやすくなります。
「なんとなく思い浮かんだ」というのがそれです。

 いかがですか?
パラレル思考でいくと、ポジティブ体質になり、さらにヒラメキも冴えてきます。
そして、どんどん発想が豊かになり、思うような自分になれることでしょう。

 本日も、お読み頂き、ありがとうございます。


----------------------------------------------------
  ↓ ↓ ↓ やっぱりパラレル思考だ!と思った人も。。。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へこんな生き方に賛成の人も、 ポチっ!
----------------------------------------------------

Copyright 生活向上委員会