今日は大晦日ですね。大阪はかなり冷え込んでいます。
皆さんいかがお過ごしですか?

 本日は、脳の反応である係数aの再構築する方法を考えてみましょう。

 私たちは進化の過程で今、人類として存在しているとの仮説の元にお話します。
私たちがある生命体から進化して今の自分が存在している、というのは、その話を聞いてなんとなくそうなんだなぁ的にわかっているだけです。
あまり実感としてはないでしょう。
だって、自分が体感的に進化してきたのではなく、気づいたときには存在していたのですから。
 そこで、私たちはついこの進化した知能のみ自分であると考えてしまいます。
しかし、私たちの脳はこの進化の過程をそのまま再現されているのです。
つまり、シンプルな生命体の脳も持ち合わせており、その反応も使われているということなのです。
このシンプルな反応をする部位を意識したうえで進化した知能を動作させて初めて私たちの考えは機能するのではないでしょうか。
 基本的な反応とは、心臓を動かす指示に始まり、寒いと発熱し体温を維持する機能等、意識しなくても機能する反応のことです。
この反応を私は一番素直な反応と位置づけたいのです。
この反応は私たちの意識でコントロールすることは極めて難しく、逆に意識しなくても自らコントロールしてくれます。
この自らコントロールしてくれるというシンプルな生命反応をベースに進化した知能を積み上げていくべきだと思うのです。
 それを、底辺を無視し進化した知能のみに重きを置き積み上げようとするところにバランスを崩し、係数aが良い方へ機能しないのではないでしょうか。
 このシンプルな生命反応を感じるように努めましょう。
そのためには、自然の中へ入って行き、感じるのが一番です。
そうすることにより、係数aが私たちにとって有効に活用されるのではないかと考えます。

 本日も、お読み頂き、ありがとうございます。
また、来年もよろしくお願い致します。

**あわせてお読み頂くと、話の内容がよくわかります
自然に学ぶ


----------------------------------------------------
  ↓ ↓ ↓ 自然を感じよう!と思った人も。。。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へこんな生き方に賛成の人も、 ポチっ!
----------------------------------------------------

Copyright 生活向上委員会