引き寄せの法則でエイブラハムは感情のナビゲーションシステムについて説明しています。
気持ちが良い方向を目指すと良いことを引き寄せることができる、と言うのです。
たしかにそのとおりで、ほとんどの場合これでうまくいきます。
この、感情のナビゲーションシステムを使うと難も逃れることが可能になります。
私も体験済みですので実証はされたことになります。

 しかし、この方法は一歩間違うと感情に振り回されることにもなりかねません。この事に対してはエイブラハムもうまく答えていますので詳しく知りたい方は本を参照して頂きたいと思います。

 感情を指針にすることに問題が発生するのは、時として感情はうそをつくことがある、ということです。
 そこでもう一つ参考にされたいのは、マイク・マクマナスによるソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。という本です。
この本でもエイブラハムと同じような事を説いているのですが、感情に従う方法についてより明確に説かれています。
 彼は感情と直観を分けて考えています。
どちらも自分の感覚としてかえってくるものなので混同して捉えがちですが、分けて考えることにより、さらに心のナビゲーションシステムが洗練されると思われます。

 それでは次回、感情と直観の違いについて詳しく勉強したいと思います。
本日も、お読み頂き、ありがとうございます。

**あわせて読んでね**
良いことを引き寄せるためのテクニック 2007/11/15の記事
参考文献
引き寄せの法則-エイブラハムとの対話
ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。

感情のナビゲーションシステムについて
ヴォルテックスは「いい気分」が大切 by 引き寄せの法則公式ブログ





----------------------------------------------------
  ↓ ↓ ↓ 感情と直感!と思った人も。。。
人気ブログランキングへこんな生き方に賛成の人も、 ポチっ!
----------------------------------------------------

Copyright 生活向上委員会