扉を閉めても、関係ない、と言ってもなかなか相手の影響力を阻止できない。
それは、相手の方が自分より自信を持っている(フォースが大)からだ、とわかってきました。
なぜそんなに自信が持てるのかと考えると、実は相手は自分自身の世界で戦っているからなのです。
自分の世界では自分が全てですので絶対的な自信を持てるのも当然です。

 ですので、あなたもあなた自身の世界を作り上げてしまうのが得策です。
と言っても、実は誰しも自分の世界はすでに作ってしまっているのです。
その世界が相手の方が大きいか、相手の世界に飲み込まれている場合、相手の影響力を強く受けてしまう、ということなのです。

 そこで、相手の傘下に入ってしまうのではなく、こちらも自分の世界を大きく作り上げ、その世界が相手より大きくなれば相手はこちらの傘下に入らざるを得ないのではないか、とい考えるのです。

 自己イメージを向上できれば自然と自信が生まれ、自信が増大するとそれだけこちらの影響力が大きくなるのです。
自己イメージこそが自分の世界なのです。
これを増大することにより、周りをどんどん引き込むことができます。

 この時、相手を制圧したり自分をも制圧するような方法は良くありません。
これは戦うことになり反発が発生してしまうからです。
ですので、とりあえず相手の事はさておき、自分を成長させることに重きを置くことが重要です。
しかも、自分に押し付ける態度ではなく、成長しようとする自分を助けるつもりで育むのが良いと言えます。
 何かを変革しようとする時は、この方法がおおむねうまくいきます。
反発を受けることなく、変化する方向へ流れを誘導し助長するのです。
これは、周りに対しても自分に対しても有効です。
というか、これ以外の方法では反発が増大し変革は実現しにくくなります。

 それでは次回、自己イメージの変革に取り組んでいくことにしましょう。

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。



今日もポチッとありがとう!
↓ ↓ ↓   

成功哲学 ブログランキングへ


Copyright 生活向上委員会