覚えることが良くて忘れるのは良くない、なんて思っていませんか?
多くの人がそう思っているだろうし、私もそのひとりでした。
常に情報を収集し、覚える。そして必要な時に引き出す。
理想的にも思えます。
でも、これがなかなかできないのが人間ってもんですよね。
 そこで、パソコンという文明の利器が登場し、単純な記憶はパソコンに任せてしまおう、となったのです。
しかし、これだけはわすれないでおこうと思われるものは覚えておきたいものです。
にもかかわらず、忘れてしまいます。
自己嫌悪ですね〜。

 でも、もう心配はいりませんよ。
忘れても良いのです。忘れたほうが良いのです。

?????

忘却の整理学によりますと、人は無作為に忘れているのではなく、必要不必要を選択しながら忘れている、と説かれています。
しかも、自動的に。
この「自動的に」が人間的でして、パソコンは自動的に削除はできません。
パソコンには、自動整理機能もありません。
 この「自動整理機能」こそが忘却なのです。
つまり、脳は自動的に記憶を整理するため、何を覚えておくか何を忘れるべきか、を選択し、重要だと認定されたことは覚えておき不要だと認定されたものは徐々にに忘れるようにできているのです。
このようにして、重要な項目の順に記憶から引き出しやすいように配列しなおすのです。
すばらしいスクリーニング機能ですね。

 この自動整理機能を有効に活用しないてはありません。
記憶は今までどおりインプットしていき、後は脳の自動整理機能に任せましょう。
忘れてしまった事柄は、脳がそう判断した、と思って気にする必要はないのです。
どうしても覚えておきたい約束事などはメモとかの対策はあります。

気が楽になったでしょ?
そこが重要です。
忘れることが悪とでも言うような考え方から転換しましょう。
そうすることにより、この自動整理機能がさらに強化されることと思います。

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。


----------------------------------------------------
  ↓ ↓ ↓ 忘れてもいいんだ!と思った人も。。。
にほんブログ村 哲学ブログ 人生・成功哲学へこんな生き方に賛成の人も、 ポチっ!
----------------------------------------------------

Copyright 生活向上委員会