右脳で行動するとうまくいくとよく言われますが、これがなかなか難しいですよね。
右脳左脳を意識的に使っているわけでもないし、意識的に使えるものでもありません。


 そこで、中谷彰宏さんの登場です。
『右脳で行動できる人が成功する』
この本を読むと、今、自分が左脳を使っているのか右脳を使っているのかがよくわかります。
そして、どういう捉え方をすると右脳を使っているのかがわかるのです。
 たとえばメモひとつにしても、逐一文章化するのは左脳的で、箇条書きで図案化し後でイメージが膨らむような書き方をするのが右脳人、だそうです。
他にも、左脳人は知らない話しを楽しみ、右脳人は知っている話しを楽しめる、等々。

 この本を読みこむと、自分がどの程度左脳を使いどの程度右脳を活用しているかがよくわかります。
私自身けっこう右脳を使っているつもりでしたが、まだまだ活用できそうです。
この本は現在増版されていないようですが、アマゾンで中古本が安く買えそうです。

 右脳の活用を目指す人にとって、右脳的考え方のイメージが必要です。
そのイメージが、この本から得られると感じられましたので、ここに紹介させて頂きました。

 本日もお読みくださり、ありがとうございます。





川島和正の対談
----------------------------------------------------
  ↓ ↓ ↓ 右脳!と思った人も。。。
人気ブログランキングへこんな生き方に賛成の人も、 ポチっ!
----------------------------------------------------

Copyright 生活向上委員会