私たちは、意識的に何かをコントロールしたくなる動物です。
相手にYESと言わせようとしたり、自分に対しては潜在意識を制御しようと試みます。
しかし、いずれもうまくいった試しはないのではないでしょうか?

 これは、「意識」の使い方を間違えているとしか思えません。

 では、どういうふうに使えば良いのでしょうか?

 「意識」は意識するために使う

 なんだか言葉のトリックのように感じますが、
「人は意識したものしか見えない」という言葉を聞いたことがあるでしょう。
その “意識” です。

 つまり、情報キャッチとか観察とか、モニターとして使うのです。

 と言うか、実のところ、「意識」とはそのような機能しか持ち合わせていません。
にもかかわらず、意識的に意識でなんとかしようとするところがが問題なのです。
自転車で空を飛ぼうをしているようなものですね。

 これがわかれば、無駄な努力をする必要がなくなります。
まずは、成功へのスタートラインに立てたことになります。

 では、このスタートラインからどのように進めば良いのでしょう?

 次回は、その神髄を考察してみたいと思います。

 (待ちきれない人は『頑張るのをやめると成功する?』をダウンロードしてお読みください)

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。




----------------------------------------------------
  ↓ ↓ ↓ 参考になった!と思った人も。。。
人気ブログランキングへこんな生き方に賛成の人も、 ポチっ!
----------------------------------------------------

Copyright 生活向上委員会