集中力を高めたい場合はこちら『東大家庭教師が教える、やる気を引き出す方法』をお読みください。

 今回は集中力が持続しなくてもうまくいく方法です。

 そう!パラレル思考に切り替えれば解決!!

 パラレル思考とは、もともと、あれやったりこれやったりというどっちつかずな方法論です。
しかし、飽き性の場合、これが役に立ちます。

 ひとつの事に集中できなくてもOK。
中途半端で次に掛かってもOKなのです。
どちらかと言うと、中途半端なところで次に掛かるほうが有効と言えます。

 やり方は簡単。
とりあえず、やるべきことをリストアップしましょう。
そして、適当なものから始める (思いつきで良い)
集中力が無くなったら、ひとまずそれをおいといて次に掛かる。
それも飽きたら、また次に掛かる。
これをぐるぐる繰り返します。
すると、最終的にはすべて完了に至ります。

 無理に集中しようとしても、効率は下がるばかりです。
新たな事を始めると、また集中力も復活します。
これは人間工学的に言っても正しいでしょう。

 『東大家庭教師が教える、やる気を引き出す方法』も良いですが、パラレル思考もお試しを。。。

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。

*** あわせて読みたい ***
category パラレル思考




----------------------------------------------------
  ↓ ↓ ↓ 参考になった!と思った人も。。。
人気ブログランキングへこんな生き方に賛成の人も、 ポチっ!
----------------------------------------------------

Copyright 生活向上委員会