成功法則を学び続け実践していくと、周囲とのギャップを感じることがあります。
そして、周りが低俗な感じがしてきます。
このような感覚で成功法則を実践すると危険です。
周囲とのギャップが深まり、孤立してしまいます。
これは、まず精神的孤立から始まります。
精神的孤立が始まると、法則上、物理的孤立が始まるでしょう。
孤立は成功を阻みます。

 成功するために成功法則を学び、実践した結果、孤立が起き、成功できなくなる。

 これは、どこに問題があるのでしょうか?

 それは、実践するにあたっての心のありかたにあります。
成功法則を身につけると、どうしても偉くなったような気がしてきます。
ここで、偉そうなそぶりが現れると、周りが協調してくれません。
よって、成功は阻まれます。
 成功法則を身につけると、自分が異次元に存在しているような気になります。
これは事実と言えば事実なのですが、周りはそのことを理解できていないにもかかわらず、異次元説を暗に前提として話をしてしまう。
すると、周りは何を言っているのかわからないため、あなたを疎外しようとします。

 必要なのは協調性です。

 だからと言って、自分をなくしてしまうと意味がありません。
協調性を重視する中に、成功法則で学んだ独自性を発揮する。
どちらに傾いても成功はありえません。

 成功とは自分でつかむものではなく、周りから与えられるものだからです。

 周りが成功させてくれるのです。

 このことがわかってくると、協調性の中に独自性を発揮できるようになります。

 成功法則がうまく活用できないで悩んでいる方は、一度心のありかたを再考してみてはいかがでしょうか。

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。

*** あわせて読みたい ***
『ノウハウを学んでもなぜ成功しないのか?』




----------------------------------------------------
  ↓ ↓ ↓ 協調性!と思った人も。。。
人気ブログランキングへこんな生き方に賛成の人も、 ポチっ!
----------------------------------------------------

Copyright 生活向上委員会