人に同意を求められることはよくあります。
???、と思ったあなたは要注意。

「今日は寒いね。」
「忙しいね。」
「つらいね。」
「しんどいね。」

 これら、すべて同意を求められていることに注意してください。
つい、「うん」と言っていませんか?
いわゆる、あいづちです。
うなづきも同じです。
「うん」と言った瞬間、あなたはそれを認めたことになります。
すると、そのようになってしまいます。
いいことならそれで良いのですが、ほとんどの場合、ネガティブなものです。
ネガティブなものに同意すると、自分もネガティブになって当然ですよね (^^;)
これが積み重なって、自分というものが形成されているとしたら・・・。

 というか、これが積み重なって自分というものが形成されてしまうのです。
だから、付き合う人を選べとか、お金持ちになりたければお金持ちと付き合え、とか言われるのです。
どうしても付き合う相手に感化されるのは、この『同意』の連続にあるのです。

 自分が何に同意しているか。
これがあなたを形成します。

 このような観点から、友人との会話を観察してみてください。
いかに同意をもとめられているか、いかに感化させられているか、がわかることでしょう。

 それでなりたい自分になれるなら、おおいにOKです。
しかし、そうでなかったら・・・。
付き合う人を変えるしか方法がないのでしょうか。
それが一番手っ取り早いですが、そうもいかないのが人情というものですね。

 そんなときは、どうすればよいか?
方法はあります。
次回、考察してみましょう。

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。

----------------------------------------------------
  ↓ ↓ ↓ 「同意!」と思った人も。。。
人気ブログランキングへこんな生き方に賛成の人も、 ポチっ!
----------------------------------------------------

Copyright 生活向上委員会