では今回から、直感を得るまでの一連の流れを見ていきましょう。

 土台となるのは、気分の良い状態です。
そして、希望の種とは、気分の良くなる質問です。

 で、この希望の種を蒔くのですが、どのように蒔けばよいのでしょうか?

 a次元へ向けて質問するのです。
a次元は非常にイメージしにくいのですが、とにかくこの世3次元を超えた世界があると仮定し、そこに向けて質問してください。
この超次元的イメージができれば、かなり作業が楽になります。

 神に祈る、とか、潜在意識に落とし込む、宇宙にお願いするとか言われることは、このことを現しています。
神にこの質問をしても良いし、潜在意識にしてもいいですし、宇宙にお願いしてもいいです。
ただし、この世的三次元的にイメージしては効果が薄れますのでご注意ください。

 ここが、希望の種を効果的に蒔けるかどうかの瀬戸際です。

 うまく蒔けたとして、話を進めましょう。
蒔いた種は、基本的にはそのままで生えてくるのですが、ここで水やりをすればさらにいい芽が生えてきます。
この水に値するのが、口癖や心の中のひとりごとです。
これをうまく活用することで、発芽を促進できます。
ですので、常に気分が良くなるような質問をつぶやくよう努めるのが賢明です。

 具体的には、
 「この状況を乗り切ることができれば、どのような気分だろう?」
 「この状況を乗り切ったら、人生はどのようにみえるだろう?」
などですね。

 その後、期が熟すると回答が思い浮かびます。
これが『直感』です。
これも、期が熟すると勝手に回答が思い浮かびますが、
ただひたすら待つだけではねぇ。
と、お思いの方には、これまた促進の方法があります。
この辺りを次回、探ってみましょう。


 本日もお読み頂き、ありがとうございます。

----------------------------------------------------
  ↓ ↓ ↓ 超次元!と思った人も。。。
人気ブログランキングへこんな生き方に賛成の人も、 応援ポチっ!
----------------------------------------------------

Copyright 生活向上委員会