平衡力の風はまんざら悪いものではないことがわかってきました。
むしろ、歓迎すべきものです。
前回の考察から、平衡力の風が吹くと重要性が引き下がることがわかりました。
ということは、ほっといても希望は叶う、ということになります。
にもかかわらず、叶わない希望のほうが多いですよね。
なぜでしょう?

 これは、平衡力の風が起こった時点で希望を切り捨てているからです。
通常、私たちは希望に向かって行動します。
しかし、この希望に対する重要性が高いほど逆風が起こりやすくなります。
これが『平衡力の風』です。
この逆風に対し私たちは懸命に立ち向かうのですが、疲れてしまって「もういいや」となることがあります。

 この時点までは良いのです。重要性が引き下がったのですから。
つまり、一番希望が叶いやすい状況です。

 にもかかわらず、「もういいや」となった時点で希望まで切り捨ててしまっているのです。

 ここです!
重要性がかぎりなく下がった状態になると同時に、希望を捨てている。

 わかりますか?
平衡力の風は救世主です。
あなたの重要性を引き下げるのに一役かってくれます。
ただ、これにめげて、あなたは希望までも捨ててしまいます。
これが問題なのです。

 「もういいや」となった時、希望が叶う可能性は限りなく高まっているのです。
これを自覚しましょう。
そうすれば、希望を繋いでいられます。
希望を繋ぐことに意識しましょう。

 叶うのは時間の問題となります。

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。


----------------------------------------------------
  ↓ ↓ ↓ 希望を繋ぐ!と思った人も。。。
人気ブログランキングへこんな生き方に賛成の人も、 ポチっ!
----------------------------------------------------

Copyright 生活向上委員会