では、QEのやり方を説明する前に、従来からあるヒーリングテクニックの概念を見てみましょう。
基本的にする側とされる側があるのはQEも同じです。
ただ一般的なヒーリングの場合、する側がなんらかの方法によってされる側の心的秩序を調整する、ということです。
そのためにはされる側の状況をする側が知る必要があります。
そしてどこに不具合があるのかを判断し、そこに作用させます。
つまり、ヒーラーは相手に対し動的に何かをしています。
物理的精神的の違いはありますが、薬がきくのと同じです。
ヒーラーは精神的な薬になるのです。

 QEの場合はどうか?
これはある意味、東洋医学に似ています。
針灸治療などの場合、つぼに針を刺すことによって自然治癒を促します。
つまり、針じたいに効力があるのではなく、それをきっかけとして身体が自然治癒という反応を起こすのです。
薬によって治されるのではなく、きっかけを与えられ自ら治癒に向かう、という感じです。
この鍼灸師の役割をQEをする人は担います。

 QEをする側はなんらかの意図を持ち量子同調する。
すると、それに相手が共鳴し、相手も同じような状況になる。
結果として、秩序が調整され症状が良くなる。

 というのがQEの大まかな流れです。

 動的に作用させる場合、うまく作用させないと違う不具合が起こる可能性があります。
しかし、QEの場合はされる側が自ら同調し自ら調整するのでなんら問題は起こりません。
というか、起こりようがないのです。

 する側としては、いかに量子同調をするか。この一点につきます。
これさえうまくいけば、あとは意図を持ち、相手が共鳴するのを待つだけです。

 つまり、量子同調さえできればあとは何も気にすることはない、ということです。
『瞬間ヒーリングの秘密』を読めば、以外と簡単にできそうです。
事実、私自身QEを始めたばかりですが展開に変化の兆しが見えます。

 それでは次回、どのようにQE (量子同調) をするのか探ってみましょう。

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。

----------------------------------------------------
  ↓ ↓ ↓ QE!と思った人も。。。
人気ブログランキングへこんな生き方に賛成の人も、 ポチっ!
----------------------------------------------------

Copyright 生活向上委員会