『瞬間ヒーリングの秘密』 P82

 意図は純粋な気づきに方向性を与え、カタチのないものにカタチを与えます。たとえば、あなたがドライブスルー式のお店で食べ物を買うとき、最初にメニューボードで注文を選び、受け取り窓口までちょっと運転して、それから自分の注文品を受け取るでしょう。そのあいだレストランの内部で実際にどんなことが進行しているのか、あなたは気にしたりしません。QEは「幸せな食べ物」を注文するのと、かなり似ています。あなたはただヒーリングの注文を出し、それから純粋な気づきの中をちょっと旅して、人生の受け取り窓口に到着すると、注文したものがあなたを待っているのです。


 つまり、意図を持つことでQEが効果的に作用する、ということです。
意図を持たずQEをしたとしても純粋な気づきは何をすべきか知っているので、良い方向へいくことは間違いありません。
 しかし、こうなりたいという意思を持つのが人情です。
そこで、意図的に方向付けをするのが「意図」です。
その状態がどのように展開してほしいのか意図を持ちQEすることで、純粋な気づきはこれに答えてくれるのです。
まさに、ドライブスルーの注文ですね。

 このドライブスルーの注文に重きを置いたのが、よくある成功法則です。
ただ、これは量子同調を意識的に行わないため、うまくいったりいかなかったりします。
うまくいかない時は、実は量子同調できていない、ということになります。
うまくいかない理由は数々ありますが、これが的確な答えなのです。

 そこで、まずは量子同調を試みる。
これが最初の課題だったのです。
これさえできれば、あとは意図により方向付けができます。
成功法則自由自在かどうかは別として、かなりのレベルで人生の方向付けが動的になされるでしょう。


 本日もお読み頂き、ありがとうございます。


** 「意図」のはめ方 **
  ↓ ↓ ↓
ユーフィーリング!/フランク・キンズロー

関心を持つと実現する?



----------------------------------------------------
  ↓ ↓ ↓ 参考になった!と思った人も。。。
人気ブログランキングへこんな生き方に賛成の人も、 ポチっ!
----------------------------------------------------
Copyright 生活向上委員会