リアリティ・トランサーフィンでは、魂と理性が一致した事柄が現実世界に再現されるとされています。
通常、私たちは恐怖や不安で魂と理性が一致し望まざる事柄が現れてしまいます。
これを、望ましい状況に魂と理性が一致するようにできれば成功ということになります。
しかし、なかなか良い方に一致することはありません。

 それは、理性がその状況になることに納得していないことが原因です。

 つまり、理性 (顕在意識) がその状況を認めさえすればよいことになります。

 一般に成功法則は潜在意識側を対象にしています。
しかし、理性 (顕在意識) が足を引っ張っているのも事実なのです。
そこで今回は、理性に認めてもらうにはどうすれば良いか考えてみたいと思います。

 理性が理性を説得するのですから、これはけっこう難しい問題です。
ただ、自分を見つめるもうひとりの自分を確立すれば、これは解決できます。
天空の自分が現場の自分と話しをする、という感覚です。
では、これが確立できているという前提でお話しましょう。

 昨日の記事をお読みになった方はお気づきになったでしょう。
そう。キーワードは「認める」です。
私たちは一旦新しい思考回路が形成されると、前の思考は否定しがちです。
それがそもそも問題を発生させる原因なのです。
否定されると反発するものです。
ですので、以前の思考も認める。
「当時の状況ではそれが当然」という具合にです。
そのうえで新しい思考回路の選択肢を提案します。
すぐには受け入れられなくても大丈夫です。
切羽詰った状況に追い込まれると新しい提案を受け入れるしかなくなります。
すると、良い方向に理性の考えが移行します。
結果的に理性が魂に歩み寄るかたちになり、一致した状態は望ましいバリアントになります。
これで、あなたは望ましい状況に存在できるのです。

 いかに理性を魂側に歩み寄らせるか。

この課題を克服すると、状況改変がやりやすくなります。
それは、「まずは認め、そのうえで提案する」、これで解消できます。
すると、理性が魂に歩み寄る条件が整い、現に歩み寄ってくれるのです。

 理性が魂の意見に歩み寄りやすくしてやるところがミソです。

 今までは、理性が魂を無理やり引き込んでいました。
しかしこれを実践するところに、理性の方が魂に歩み寄り、あなたの理想的環境が整うことでしょう。


 本日もお読み頂き、ありがとうございます。



じゃっくのブログに一票!
↓ ↓ ↓   
人気ブログランキングへ

Copyright 生活向上委員会