私たちは今起こった出来事に対し、反射的に反応しています。
この反応とは感情であり、いわゆる喜怒哀楽です。
この感情に対し、同じような感情を引き起こす出来事が将来やってきます。
と言うことは、どんなことでも喜べば将来喜べる出来事が起こるじゃないか。
というわけで、喜べる部分を見つけてでも喜ぼうとします。
これはこれで正しいのですが、ちょっとしたジレンマがあります。
それは、喜べる部分を見つけないと喜べない出来事が将来起こる、ということです。
本当に起こってほしいのは、手放しで喜べる出来事が起こってほしいにもかかわらず、です。

 さて、それではこのジレンマの対策を考えてみましょう。

 この場合、喜べる部分を見つけて喜んだので、いやだという感情は中和されています。
しかし、ここを注目し続けていると、また同じようなことが起こってしまいます。
そこで、中和されたことを理解して、後は放っておきましょう。
そして、反射的に起こる感情を観察するように努めます。
一日の中でいやな感情が大部分を占めているのではないでしょうか。
これではいやなことが次々現れても不思議ではありません。
まずは、このいやな感情に意識を持ち続けないことが重要です。
いいことがあればそれに注目し続ければいいのですが、なかなかそうもいきません。
しかも、いやなことはついついい考え続けてしまうのが私たちです。
まずは、このいやな感情に意識を持ち続けない方法を考える必要があります。

 意外にも簡単な方法があります。

 「次!」 と心の中で号令をかけるのです。

 すると不思議なことに、一瞬思考が停止します。
いやなことに思考を向け続けていたのが、一瞬ニュートラルに戻るのです。
ただ、放っておくと次にまた違ういやなことに思考を向け始めてしまうでしょう。
でも気にすることはありません。
「次!」 と言えば良いのです。
これを繰り返しますと悪い感情がどんどん解消されます。
この「次!」という号令とともに思考が止まるところがミソです。
その瞬間、あなたはQEしたことになります。
うまくいけばユーフィーリングも感じることができるでしょう。
また、「ありがとう。さようなら。」などホ・オポノポノ的に対処しても良いでしょう。

 これで、いやな出来事を引き寄せることは少なくなります。
でもこれは、いやな出来事を減らすことにはなりますが、喜べる出来事を増やすわけではありません。
しかし、心配はいりません。
心をニュートラル状態へ導くことができるようになったあなたは、以前より成功法則がうまく使えるようになっているのです。
逆に言うと、心をニュートラルにできなければあらゆる成功法則はうまく作用しません。
ですので、QEやホ・オポノポノで心をニュートラルにすることが肝心なのです。

 それでは次回、感情をうまく利用し良いことを引き寄せる方法を探ってみましょう。

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。


今日もポチッとありがとう!
↓ ↓ ↓   
人気ブログランキングへ

Copyright 生活向上委員会