ブログネタ
悟りへの道 に参加中!
 そこのあなた。人生に逆らって生きていませんか?

 雨が降ったとき、あなたならどうしますか?
傘を差しますよね。
これが順応です。

「雨よ上がれ!」と思った人。
残念ながら、これは自然に逆らっています。
「雨よ上がれ」という思いは『望み』ですね。
これが叶うかどうかは、地球さんしだいです。
いかに法則を行使しようが、結果は地球さんしだいです。

 これと同じようなことを、私たちは人間関係でもしようとしています。
あの人にこうなってほしい、とか、YESと言ってほしいとか。
給料が上がってほしい、なんてのも似たようなものです。

 『望み』は持ったほうがいいと思います。
と言うか、普通に持ちますね。
それが叶うと喜ぶ。
ここまでは問題ありません。
 ところが、意に反して雨が降ることが往々にしてある、ということです。
このとき、傘を差すように冷静に対処できればいいのですが、
こと人間関係や金銭面など人生的なものになると、思い悩んでしまうのです。

 「なぜだ!」ってね (^^;)

 つまり、これが『逆らっている』ということになるのです。

 もちろん、引き寄せの法則などをうまく使い、意に沿う結果を得ることは可能だと思います。
ただ、意に反する結果になったとき、
「あ、そう」と受け入れてしまうことができないから苦しいのですよね。
苦しみは「意に沿う結果じゃなけりゃいやだ!」という思いから発生します。
でも、これは結果に逆らっていることを意味しますね。

 では、どうすれば逆らわずにすむか?

 そう。逆らわないことです。
これでは回答になっていませんね。
では、受け入れることです。
「それができないから苦しんでいるんじゃないか!」と言われそうですね。

 まずは、あらゆる出来事を天候のようなもの、と解釈してください。
対策はできるが、コントロールはできない、と。
これがこの世のシステムだ、と言えば言いすぎでしょうか。
でもこれで、受け入れざるを得ないようになりますね。

 そのうえで (受け入れたうえで) 成功法則を行使しましょう。
うまくいけば、ものすごく嬉しくなりますね。
そのときは、思いっきり喜んでください。
「ついに奇跡が起こった!」ってね ^^
そうすれば、喜びが次なる喜びをつれてきてくれるようになります。

 それでは、話をまとめましょう。
出来事は天候のようなもので受け入れざるを得ない、と理解する。
これだけで、あなたはこの世のシステムを受け入れたことになります。
次に、できるだけ意に沿う結果がほしいので、成功法則を活用してみる。
うまくいけば大喜びだし、意に沿わなくてもそれは天候のようなものだから受け入れるしかない、と心得る。
うまくいかなければ、方法をとっかえひっかえやってみる。
そのうち大当たりすることもあるさ。

 このように人生を歩んでいけば、苦しみから免れることができます。

 人生なんてそんなものさ、と舐めて掛かる。
すると、あなたの苦しみはどこへやら。

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。



参考になりましたらポチッ!
↓ ↓ ↓   

引き寄せの法則 ブログランキングへ


Copyright 生活向上委員会