ブログネタ
生き方を考える に参加中!
 気分の良い状態から始めると、気分の良い結果が現れる。
気分の悪い状態から始めると、気分の悪い結果が現れる。
これが法則です。
この法則に則り、目標選択の方法を考察してみたいと思います。

 私たちは自ら目標を立てる場合と目標を押し付けられる場合があります。
いずれにしても選択肢がいくつかある場合は、気分が良くなる方向へ選択する。
これは成功哲学でよく言われていることです。

 ところが目標を押し付けられた場合は、達成することが強いられてしまいます。
入試とか、ノルマとか。
このような状況では基本的に気分が悪いので、気分が悪い結果が来て当然です。
社会生活上、この押し付けを無視するわけにもいきません。
ではどうするか。

 気分を良くしてから挑む。
これです!
しなければならない、から、やりたい、へ転換できればベストです。
そこまでいかなくても、「嫌だ!」レベルを下げるくらいはできるかもしれません。

 それではちょっとやってみましょう。
嫌だと思うのは、その過程の面白くない面を見ているにすぎない、と思ってください。
オセロの白黒のようなものです。
ですので、白面を見つけることができれば少しは面白くなるはずです。

 それでは次回、私の体験談をお話したいと思います。

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。



共感されましたらポチッ!
↓ ↓ ↓  
 
成功哲学 ブログランキングへ
Copyright 生活向上委員会