引き寄せの法則を行使するうえで一番難解なのが「許容し可能にする術」である。
ところが、これがわからなければ引き寄せはできそうでできない。
たいへんなジレンマである。

 そこで、この「許容し可能にする術」をどのように理解し行使するか?

 つまり、これを読みかえれば、
「許容しなければ可能にならない」
ということなのだ。

 もう一度読みかえるならば、
「許容した分だけ可能になる」

 では、何を許容するのか?

 「自分はそれを引き寄せることができるのだ」
という自覚を容認するのだ。

 つまり、「認める」

 これができれば意外に引き寄せが簡単なものに見えてくるだろう。

 よって、自分にはそれができるのだ、ということを認められる方向に努力を重ねることが重要になる。
そして、本当に認められた時、現実化が可能になる。

 お分かり頂けただろうか。


共感されましたらポチッ!
↓ ↓ ↓  

成功哲学 ブログランキングへ

Copyright 生活向上委員会