友好的に対処すると相手も友好的にでてくるだろうか。
ちょっとやってみよう。

 意見が食い違うことはよくある話である。
そのときは、こう言ってみよう。

 「なるほど。」

 こう言うと、相手は弱冠でも受け入れてもらえた気がするだろう。
しかも、発したあなたも結果として少しは受け入れている。
そこがミソなのだ。
これが友好的対処といえる。

 すると、お互いに冷静を保持しつつ検討することが可能となる。
そのうえで、自分の意見のメリットを表明すれば相手は受け入れやすくなる。
この時、あなたの重要性が最小になっていれば、受け入れてくれる確率がさらに上がる。

 魔法の言葉。「なるほど」

 多用する価値があるのではなかろうか。




共感されましたらポチッ!
↓ ↓ ↓  

成功哲学 ブログランキングへ

Copyright 生活向上委員会