絶対的に貧乏な人は少ないのではなかろうか。
でも、なんだか貧乏じゃないかと思う。
それは、実は相対的な感覚です。

 たとえば、あなたが一万円所持しているとしましょう。
そして、あなたの隣にいる人が百万円所持していたとしたら。。。
それを見たあなたは貧乏感を感じることでしょう。
貧乏ではなく、貧乏感です。
そう。感じているだけなのです。
このことにまず気づいてほしい。
すると、単に相対的貧乏にすぎない、と自覚できる。
つまり、今の所持金であなたは幸福感を得ることは可能だということです。

 何かが足りない (少ない) と思うと、幸福感は下がります。
ある物に意識すると、幸福感が上がります。

 これを利用すると、
引き寄せの起点を幸福感から始めることができるのです。

 次回は、この目線についてもう少し掘り下げてみましょう。


共感されましたらポチッ!
↓ ↓ ↓  


Copyright 生活向上委員会