スピリチュアル生活向上委員会

 この乱世を生き抜くヒントを考察する
たまに占い紹介ページ有り。by 生活向上委員会(^^)/
                            がんばるのを止めると成功する!? 人気ブログランキングへ

Copyright 生活向上委員会

自己イメージ



東大家庭教師が教えるやる気を引き出す50のコツを今なら無料プレゼント!

説得?納得?

ブログネタ
◎幸せのおまじない◎ に参加中!
 説得しようとすると失敗する

 人は腑に落ちない事を説明されても、やはり腑に落ちないのが現実です。
自分が説得されていると感じると、どうしても拒否反応が生じるからです。
これも作用と反作用ってやつですね。
 では、説得しようとぜずに、納得してもらうにはどうすれば良いか考えながら行動すればいかがでしょう?
相手が腑に落ちる可能性が高まると思いませんか?

 これはいったいどういう事なのでしょう。

説得・・・こちら側に意識がある。自分が相手をコントロールしようとしている。
納得・・・相手方に意識がある。相手方の意思を尊重する。

 と、考えられます。

 つまり、人は他者からなんらかのメッセージを受け取っても、仮にそれが良いメッセージだとわかっていても、つい疑ってしまうものなのです。
これは、潜在意識の防衛反応なのです。
特に、自分の考えと正反対な事柄に対しては顕著に現れます。

 ここまでは、わかりやすいたとえとして対人関係を例にお話しました。

 それでは、自分自身にスポットを当てて考えてみましょう。
自分自身の意識改革を試みた時、私たちは自分に対し説得をしている可能性があります。
 成功法則を実践する中で、ある程度はうまくいくんだが、どうもね〜(^^;)
って方はおられませんか?
その場合、説得されて納得した部分がうまくいき、納得しなかった部分はうまくいってないと思われます。

 自己イメージの向上が大事だとわかっていても、なかなかうまくいかない場合、いかに自分が納得できるか、にスポットを当てるとうまくいきそうですね。

 次回は、この納得について考えたいと思います。

 ありがとうございます。


今日もポチッとありがとう!
↓ ↓ ↓   
人気ブログランキングへ


Copyright 生活向上委員会

成功とか失敗とか言うけれど。。。

 私たちはなにかにつけ、成功したとか失敗だったとか考えてしまいます。
しかし、それは自分が作り上げた単なる意識かもしれません。
こうなりたいと思って行動したことが、思った結果にならなかったら失敗したと解釈します。
 この解釈から考えますと、人は失敗したくないと考えるのは無理もありません。
そして、失敗したくないあまり行動に移せない場合が多々あります。
そういう時は、成功か失敗かの概念を取り払うのはいかがでしょうか。

 単なる作用と反作用と考えるのです。
それに付け加え、こうなったらいいなぁと考えず、こうしたらどうなるだろうと考える。
 こうなったらいいなぁ、と考えると、ならなかった時の失敗が浮かんできて躊躇してしまいます。
 なので、「これは実験的行動だ」と考え、行動を起こす。
そして、起こった結果を考察する。
その結果を踏まえ、次の行動を検討し、再度行動する。

 何か行動した結果現れた事に対し、あまり感情的にならず、
全ては天が与えてくれた結果だ、と真摯に受け取ってしまうと気が楽になります。
もちろん、良い結果の場合はおおいに喜ぶのもOKです。
しかし、ネガティブな結果の場合は、さらっと流してしまい、次の実験的行動に向けて考察するのが正解でしょう。

 こういうふうに考えると行動しない理由が見つからなくなります。

 何か行動を躊躇されている方は、一度試してみる価値はあると思いますよ(^^)

 ありがとうございます。


今日もポチッとありがとう!
↓ ↓ ↓   
人気ブログランキングへ


Copyright 生活向上委員会

成功するか失敗するか それは自己イメージしだい?

 あなたは成功体質ですか、それとも失敗体質ですか?

 う〜む、どっちとも言えないなあ、と言う人が多いと思います。
その場合、小さな事は成功するが、大きな事に挑むと失敗するんじゃないでしょうか。
 私もその一人と言えます。

 では、そういう体質だと認識してください。
それが自分が思っている自己イメージです。

 多くの成功法則は、状況のイメージ化を推奨しています。
成功した状況をイメージせよ、ですね。
 しかし、たいがいの場合イメージできません。
なぜなら、自分はそんな大きなことに成功できるとは信じられないからです。
つまり、自己イメージが成功イメージを打ち消してしまうのです。

 ですので、この自己イメージを成功体質に持っていくのが賢明と思われます。
失敗ばかりの人はいないと思います。
過去を振り返れば、小さな成功はいくらでも発見できるでしょう。
人に賞賛されなくてもOKです。
賞賛された出来事があれば、さらに有効です。

 なぜ成功したか失敗したかは、この際考えないようにします。
失敗イメージを塗り消すように成功イメージを蓄積します。
これを繰り返すうちに、少しずつ自己イメージが成功体質になっていきます。
そして、失敗を意識するより成功を意識する方が強くなります。

 あくまでも自分が成功体質であることをイメージし、その裏づけを蓄積していくように努めるのです。

 「でも、そう簡単にはできないんだよね」
と言う声が聞こえてきます。

 では、なぜそう簡単にはできないのでしょうか。
次回は、その辺を考えていきたいと思います。

 ありがとうございます。


今日もポチッとありがとう!
↓ ↓ ↓   
人気ブログランキングへ


Copyright 生活向上委員会

良い自己イメージはあなたの強い味方になる

 誰かに会った時、ついその人のペースに引きずられるということは多々あると思います。
これは、自分のイメージを過小評価しているため相手の自己イメージにはまってしまった状態と言えます。
つまり、相手の方が自分より偉いと認めているのです。
 はたしてそうでしょうか?

 仮に相手の方が社会的地位が高いとしても、あなたの方が掃除が上手いかもしれません。料理の腕は負けないかもしれません。
 たとえ相手と掃除や料理の話をするのではなくても、その事を自己イメージの前面に持ってきて相手と話しをすると状況が変わる可能性があります。
 自分は相手より劣っているという自己イメージが軽減するからです。
これを自分は料理の権威である、というところまで増幅すると、相手とほぼ同等に話しができるでしょう。

 それぐらい自己イメージは存在感に影響を及ぼすのです。

 これは動物のテリトリー争いを考えるとよくわかると思います。
ライオンのオスは威嚇こそすれ戦う事は希で、ほとんど自己イメージで決着がつきます。
威嚇が強く見えるかどうかはほとんど問題ではなく、相手が自分より強く感じるか、相手の方が強いと感じれば負け、弱いと感じれば勝ちです。
この時点ですでに勝負はついていますので戦う意味はなく、強い方がボスになるのです。

 この現象は、動物である人間にも当てはまります。
初対面では意識するしないにかかわらず、自己イメージの戦いが繰り広げられます。
人間の場合威嚇したりはほとんどありませんが、お互いの自己イメージで甲乙がつけられ、どちらかのペースになります。
言い方は良くないかもしれませんが、天下を取るわけです。

 これぐらい自己イメージが重要になりますので、ぜひとも自分を高い位置に置きたいのですが、なかなかうまくいきません。
それは、昔から自分が生徒であった期間が永いからです。
常に服従の立場で生きてきた人が多いと思います。
 学生の時はもちろん教えてもらう立場なので、先生に従いました。
就職しても、先輩や上司に従う。
昇進しても常に上役はいますよね。
 こうして私たちは従う事になれてしまい、それが自己イメージになってしまっているのです。

 従う事が悪いこととは言えません。
しかし、従いっぱなしも考えものですよね。

 そこで、最初に言った自分の得意分野が重要な要素になってきます。
この得意分野を自己イメージの最前列にもってくると自分に自信が持てます。
すると、従うにしても、全面的に従うのではなく、意見のひとつも言えるようになるでしょう。

 まずは、自己イメージ改善の第一歩。
試してみる価値はありますよ(^^)

 ありがとうございます。


今日もポチッとありがとう!
↓ ↓ ↓   
人気ブログランキングへ


Copyright 生活向上委員会

自己イメージとは?

 自分に対して自分が持っているイメージ、これを自己イメージと定義して話を進めていきたいと思います。
 意識しようがしまいが、人それぞれ自分がどんな人間かある程度定義しているのではないでしょうか。
悪いイメージで言うと、自分は話しべただとか、人見知りをする、とか。
良いイメージで言うと、自分は○○が得意だとか、人の話を聞くのはうまい、とか。
これ全て自己イメージですね。

 前回の考察で、過去の悪い自己イメージが成功の足を引っ張っているのがわかりました。

 では、なぜ自己イメージが影響するのでしょう。
わかりません。でも事実なんです。

 この事実は、いままでの経験を他人に当てはめるとよくわかると思います。
たとえば、あなたが過去にAさんに騙されたことがあるとしましょう。
騙された経験は、あなたの脳にメモリーされています。
そして、再度Aさんから何か話しを持ちかけられた時、あなたはまず最初に疑いの目を持ってAさんの話を聞くでしょう。
 すると、Aさんが本当に良い話を持ってきてくれていても、あなたはなかなか信用できません。それはなぜか?
あなたはAさんに対し騙す人という悪いイメージを持っているからです。

 その逆もありますね。
あなたが過去に悩んだ時、Bさんがとても力になってくれて自分を取り戻した経験があったとします。
 再度あなたが悩みを持った時、あなたはまず一番にBさんに悩みを聞いてもらいに行くでしょう。
 これはBさんに対し、悩みを解決してくれる人、という良いイメージを持っているからです。

 良い悪いにかかわらず、一度持ったイメージはなかなかかわりません。
 Bさんと話をして悩みが解決しなかったとしても、「少しは気分が楽になった」とBさんにお礼を言うでしょう。
悩みは解決しなかったが、力になってくれた、と良いイメージをさらに深めます。
 Aさんの話を聞いてうまくいったとしても、今回はたまたまうまくいっただけで、騙すための伏線かもしれない、とAさんに対し悪いイメージ深めるでしょう。

 人は第一印象が決め手

 と、よく言われるのはここらへんにあると私は考えます。

 第一印象が全てなのではなく、受け手の方が第一印象を引きずって状況を検証してしまうのです。
これが、第一印象を超え、過去の実績に基づいたものであれば、さらに確信に至ります。
ですが、これも第一印象に影響されている可能性は大です。

 つまり、人は第三者に対し考えることは、その人に対するイメージが大きく影響する、ということです。

 もし、第三者に対しその人のイメージが影響するのであれば、自分に対するイメージ(自己イメージ)は自分の行動結果に大きく影響を及ぼしていると考えられますよね。

 そこで、良い自己イメージを構築しよう、となるわけです。

 いかがですか?
これで、自己イメージを改善すると未来が良くなりそうな気がしてきましたね。

 このが大切です。
この「気」を持って次回の実践にとりかかりましょう!

 ありがとうございます。


今日もポチッとありがとう!
↓ ↓ ↓   
人気ブログランキングへ


Copyright 生活向上委員会
Profile

じゃっく

カウンター


書籍検索
書籍以外にも
CD,DVD,PCソフト等
全てのAmazon商品を
検索できます

---------


じゃっく関連リンク
じゃっくの連絡先



最初の記事から読む!
by liedoor

じゃっくのランキング報告
by 人気ブログランキング




暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

モッピー!お金がたまるポイントサイト

---------


RSSリーダーとして使えます
↓↓
RSS

・富を引き寄せ裕福になるために


アクセスランキング

超おすすめ本


第二の脳





------


------

よく行くリンク
horusさんのBlog

tsukiさんの
月と読書と映画と珈琲

れっつはっぴぃさん

隠れデコつむじ日記|ω・)チラさん
りっぴのなかなかブログ☆さん
ぱぴぃのおなかさん
〜お堅い教育論もいいけれど〜

ミッツィーボール
↓↓↓実は私も愛用してます
Mittuy Ball

峰フシ子さん
↓↓↓


やすっち#♪さん

ねんどネコ
「にょろ子」
さんの日記です
にょろ子堂

読んで楽しいゆみさんの
ゆみの考え事

ぜひ一度読んでほしい
バドミントンの心理学♪

初めてコメントをくれた
パンダさんのblog
前向きに・・・

monchさん がんばってます
ROM

シンクロニシティが気になる
みゅーさんの
こころセラピー SmiLy


Archives
コメントありがとう !!
  • ライブドアブログ