賛成と反対、能動的と受動的、ポジティブ思考とネガティブ思考。
常に物事にはプラスとマイナスがあります。
これは、世界がバランスを保つ仕組みだ、と唱える理論もあります。

 しかし、それだけではない。
プラスとマイナスの間にも、行動や意見、思考は存在するではないか。

いわゆるグレーゾーンですね。

 ある意味賛成だが、これこれについては反対だ、全面的には賛成できない。
というぐあいです。
意見交換する際にも、このグレーゾーンが存在し、うまく緩衝帯の役割をはたしています。
摩擦を減らすためのグレーゾーンとも言えます。
グレーゾーンのおかげで、平和裏に解決することも可能です。

 私たちの心にも、このグレーゾーンが存在します。

 それでは、私たちの心のグレーゾーンはどのように作用しているのでしょう。
一般に、心は感情に現れ、気分が良い悪いに分けられます。
良いというわけでもなく悪いというわけでもない、というグレーゾーンを感じる方も多いことでしょう。
 しかし、このグレーゾーンは私たちに有益に作用しているのでしょうか?
答えはノーです。
このグレーゾーンを感じている時、実はプラスとマイナスを行ったり来たり揺れ動いているだけなのです。
いわゆる、不安定な状態なのです。

 この不安定な状態ですと、「気分の良い方向へ進め」と言われても、進みようがありません。
しかも、気分が良い悪いを見定めるにあたって、何の摩擦も起こりえません。
ですので、心のグレーゾーンは必要ないのです。(実は存在しないのですが)

 私たちは、気分が良いと感じた方向へ進めば成功できると確信しています。
ならば、グレーゾーンで揺れ動くのではなく、心がどちらを感じているか見定めてしまったほうが良いのです。
どちらかに見極めてしまうと、そちらへ行くべきか否かわかってきます。

 そうすることにより、進むべき方向性が見えてくるのです。

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。

***あわせて読みたい***
良いことを引き寄せるためのテクニック (内部リンク)
直観に従う (内部リンク)

自分を不幸にしない13の習慣 (30日返品可の紙書籍)
成功する「脳」 (無料電子ブック 8/2 12:00 までの限定ダウンロード)


----------------------------------------------------
  ↓ ↓ ↓ グレーゾーン!と思った人も。。。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へこんな生き方に賛成の人も、 ポチっ!
----------------------------------------------------

Copyright 生活向上委員会