スピリチュアル生活向上委員会

 この乱世を生き抜くヒントを考察する
たまに占い紹介ページ有り。by 生活向上委員会(^^)/
                            がんばるのを止めると成功する!? 人気ブログランキングへ

Copyright 生活向上委員会

反応



東大家庭教師が教えるやる気を引き出す50のコツを今なら無料プレゼント!

反応を変えるための「空白」をつくる方法

ブログネタ
いかに生きるか に参加中!
 そもそも反応というものが私たちの未来に影響している。
だから、良い反応をすれば良い出来事が未来からやってくる。
そこで、いやな状況でもそこに良いことを見つけて喜べば、喜べる出来事に遭遇できる。
そのためには、反射的に反応していたのではうまくいかない。
つまり、反応する手前でワンクッション空白を入れれば良い反応に切り替えられる。

 では、反応の手前に空白をつくるのはどうすれば良いのか?
それを今からお話します。

 端的に言って、これはユーフィーリングの手法を取り入れるのが得策でしょう。

 まずは、自分に対し観察眼を持つ。
今、自分は喜んでいるのか、気分を害しているのか、悲しんでいるのか等々。
この観察眼を常に意識します。
すると、そこに冷静な自分が現れます。

 最初はこの状態を持続することはなかなか難しいでしょう。
しかし、常に意識し、そのつど思い出し、観察眼を行使します。
すると、観察眼を持てる時間が増えてきます。
意識していると、それはどんどん長く保持できるようになります。

 最初は「しまった。反射的に反応してしまった。」ということが多いと思います。
でも今までは、反射的に反応していることすらわかっていなかった。
それがわかるようになったのは、あなたの進歩です。
そうして練習しているうちに、空白をつくって反応を選べるようになります。

 反応を選べるようになれば、あとは良い反応を選べばよいのです。
すると、どんどんあなたに良いことが現れ始めます。

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。



参考になりましたらポチッ!
↓ ↓ ↓   

引き寄せの法則 ブログランキングへ


Copyright 生活向上委員会

では、どうしたら反応を変えることができるのか

ブログネタ
心理カウンセラーの役立つ心理コラム に参加中!
 今の状況に対する反応が未来を創る、ということがわかってきましたね。
どんな状況が起ころうとも、良い反応をする。
つまり、「喜ぶ」ですね。
これは、そう簡単ではありません。
しかし、これを克服することこそが、良い引き寄せをするコツでもあります。

 それでは、反応を変えるコツをお伝えしましょう。
通常、人は悪い反応を起こしてしまった時、これではいけないと転換することは可能ですしよくやることです。
ただ、最初に起こした反応が完全に打ち消されるほど転換することは、難しいでしょう。

 そこで、反応するまでのタイムラグをできるだけ引き伸ばすよう努めるのです。
「空白」です。
物事が起こったとき間髪いれずに反応するのではなく、空白を置くことを意識します。
反射的な物理的対応は必要なことがありますが、感情はそうではありません。
喜び等良い反応は瞬時に反応しても良いのですが、これも訓練として空白をあけるようにします。
なれてきたところで、もとに戻せばいいだけです。

 つまり、感情が起こりそうになる寸前に心のポーズボタンを押すイメージです。
これを訓練として行っていくうちに、冷静な対処もできるようになりますし、自分の感情もコントロールできるようになります。
反応の手前に空白を作れるようになったら、あとは簡単です。

**********************************************************
いやな状況に反応しそうになった時、一旦空白を置く。
 ↓
そしてその状況の良い面を探す。
 ↓
喜ぶ
**********************************************************

 訓練を続けていくうちに、一連の動作が一瞬でできるようになります。
すると、はたから見れば、いつも喜びに満ちた人に映るわけです。
そして、その結果、次々に喜べることが引き寄せられてくる。

 法則的には簡単なことなのですが、
私たちには無防備に反応するくせが付いてしまっています。
これをできるだけ改善する必要があるのです。
そのための訓練として、感情が現れる寸前に心のポーズボタンを押す練習をするのです。

 それでは次回、空白を作りやすくするための方法を考えてみたいと思います。

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。




今日もポチッとありがとう!
↓ ↓ ↓   

引き寄せの法則 ブログランキングへ

Copyright 生活向上委員会

反応を変えると現実が変わる

 この世の現実というものが、どのように展開するのだろうか。
これがわかれば、かなり有利に現実が展開するはずです。
思考が現実を創っている。
これは誰もが知るところでしょうが、なかなかそれを活用できないでいるのが現状ですね。
そこで、思考の一部である感情に注目する。
この感情をいい方向へ導けば、現実は喜びあふれる展開になるはずだ。
これもそのとおりなのですが、感情をコントロールするのは一概にはできませんね。
うれしくもないことで喜べる人は少ないことでしょう。

 それでは、「反応」はどうでしょう?

 思考 ≧ 反応 ≧ 感情、と考えられます。
反応は思考に含まれ、感情は反応に含まれます。
そこで、この中間的な「反応」に注目していきましょう。

 私たちは、目の前の出来事 (現実) に対し反応します。
うれしいとか悲しいという反応です。
私たちは日ごろの習慣から、このように反応しているのですが、
ここにこの世のトリックがあります。
 思考が後の現実を創るということは、
その「反応」が後の現実を創っていることになります。

―侏荵→「いやだ!」と反応→「いやだ!」と思わされる現象、
がやってくることになります。
⊇侏荵→「うれしい!」と反応→「うれしい!」と思わされる現象、
がやってくるとも言えます。

 なんだか、たんなる作用反作用みたいに見えてきませんか?

 そのとおり!
実は、それこそがこの世の最大の法則なのです。

 つまり、どのような出来事であっても、
あなたの反応しだいで後の現象はどのようにでもなるのです。

 未来の出来事は、今に対するあなたの反応に掛かっている、とも言えます。

 ですので、これからは自分がどのような反応をしているのかチェックする必要があります。
そして、その反応は事実に対る妥当性を見るのではなく、その反応を未来にまた味わいたいかどうか、で判別するべきなのです。
未来にまた味わいたいのであれば、おおいにその反応を増幅すればいいでしょう。
もう味わいたくない現象であれば、その反応を切り替える必要があります。

 その切り替えが難しいんだよな〜。

 というわけで、次回はその切り替え方法を探ってみたいと思います。

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。


今日もポチッとありがとう!
↓ ↓ ↓   

引き寄せの法則 ブログランキングへ


Copyright 生活向上委員会

ユーフィーリングで周りの反応が変わる!

 久々の更新です。皆さん、お元気でしたか?
私はユーフィーリングを感じ始めてから数ヶ月が経ちました。
で、その後どうなったかって?
それを今からお話したいと思います。

 私の場合、常にQEしようとはしません。
そういう意味での努力は、あまり好きにはなれないのです。
そこで、思いついたときにQEすることにしました。
何かあった時に「あ、今QEしよう」と思う時もありますし、ふとQEしようと思うこともあります。
とにかく、しようと思った時にするようにしました。

 QEする前とQEした後をくらべても、たんに心が落ち着いた感じがするだけで、周囲の変化は感じられません。
心が落ち着くのはそれはそれでメリットはあります。
でも、それだけではねぇ・・・。
と思いながらも、思いついた時はQEすることを続けていました。
QEじたいは思考を止めるだけなので、そんなに行動力を必要とされませんし。

 そして最近気づいたのです。

「周囲が好意的に反応する!」

 べつに普段から敵対されているわけではありませんし、好意的に対応されることも当たり前のようにありました。
ただ、いままでからそうだったのかもしれません。
しかしQE意識になると、さらに好意的対応に気づくのでしょう。
しかも、周りのノイズが気にならないようになりました。
ノイズに対する私の反応が、ニュートラルに近くなったのです。
これは、努めてそうなったのではありません。
ただそうなったのです。
心配することも減りました。
別に未来の保障を得たわけではありませんが、ただそうなったのです。

 QE意識と周囲の対応は、磁石と鉄粉に例えられています。
鉄粉の上に磁石を置くと、鉄粉はある図形を描きながら整列します。
これは、人と周りにも適用できる法則のように思われます。
ただ、その人の意識に問題があると周りは問題のある図形を描きます。
ところが、QE意識にあるとその周りは気分のいい図形を描くのでしょう。

 『ユーフィーリング! 』のP212
あなたはQE意識の状態で洞窟に住んでいてもいいのです。
それでも残りの私たち鉄粉は、あなたの整合性のまわりに整列しだすことでしょう。
これは単純な量子力学です。


 本日もお読み頂き、ありがとうございます。




今日もポチッとありがとう!
↓ ↓ ↓   
人気ブログランキングへ

Copyright 生活向上委員会

悪循環がなぜ起こるのか考えてみた

 今までうまくいっていたのに、ちょっとしたいやな事が起こった時から事態が暗転してしまった。
なんて経験はありませんか?

 悪いことが起こりだすと、当分悪い事が起こる。
にもかかわらず、良いことは続かない。

 理不尽ですよね。
なんと腹立たしいこの世のシステムなのでしょうか。

 と思いきや、この世のシステムは悪いことであれ良いことであれ立て続けに起こるというシステムではなさそうなのです。

 「なんと腹立たしい」
どうやら、この感情にシステムがありそうなのです。

 人は嫌なことがあると悪い気分になり、良いことがあると良い気分になります。
当たり前のことですが、この当たり前の反応をしているかぎり、悪いことが起こりだすと悪いことが続きます。

 なぜか?

 実は、起こった事柄に対する私たちの反応が次に起こる事柄を決めているのです。

 たとえば、嫌なことが起こると「嫌だ!」とか「悲しい!」とかの感情が沸き起こります。
システムはこの感情を受け取り、次にまたその感情が起こるような事柄を発生させます。
 つまり、「嫌だ!」と思った感情に対し、次に「嫌だ!」と思うような事柄を返してくるのです。
「悲しい!」と思ってしまうと、やはり「悲しい!」と思わなければならないような出来事に遭遇させられるのです。

 ただ、このシステムは完全ではありませんので、悲しんでいたとしても、たまには良いことも起こります。
ただ、この現象はいつやってくるかはわかりませんので、もう少し自ら引き寄せる感じで良いことが起こってほしい、と思うのが人情ですね。

 このシステムがわかってしまえば、それができるのです!

 このシステムを要約しますと、
今思った感情に値する出来事が次に現れる。
というシンプルなシステムです。
 ですので、どんなに自分に不利な状況が現れようと、「嫌だ!」とか「悲しい!」とかのネガティブな反応をせず、「嬉しい!」「やったー!」というポジティブな反応を心がけるのが賢明です。

 このシステムをもう一つの視点で解釈しますと、
出来事→感情→出来事→感情 というように出来事に対して私たちが反応するのではなく、
感情→出来事→感情→出来事 というように、私たちの感情に対し、システムが反応している
と考えるのです。

 こう考えますと、立場が逆転し、
私たちは出来事に振り回されることなく、感情で出来事を振り回すことができます。

 まず 感情ありき!

 自ら感情で出来事を振り回す実験を開始してみましょう!
やってみる価値はあるはずです。
Profile

じゃっく

カウンター


書籍検索
書籍以外にも
CD,DVD,PCソフト等
全てのAmazon商品を
検索できます

---------


じゃっく関連リンク
じゃっくの連絡先



最初の記事から読む!
by liedoor

じゃっくのランキング報告
by 人気ブログランキング




暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

モッピー!お金がたまるポイントサイト

---------


RSSリーダーとして使えます
↓↓
RSS

・富を引き寄せ裕福になるために


アクセスランキング

超おすすめ本


第二の脳





------


------

よく行くリンク
horusさんのBlog

tsukiさんの
月と読書と映画と珈琲

れっつはっぴぃさん

隠れデコつむじ日記|ω・)チラさん
りっぴのなかなかブログ☆さん
ぱぴぃのおなかさん
〜お堅い教育論もいいけれど〜

ミッツィーボール
↓↓↓実は私も愛用してます
Mittuy Ball

峰フシ子さん
↓↓↓


やすっち#♪さん

ねんどネコ
「にょろ子」
さんの日記です
にょろ子堂

読んで楽しいゆみさんの
ゆみの考え事

ぜひ一度読んでほしい
バドミントンの心理学♪

初めてコメントをくれた
パンダさんのblog
前向きに・・・

monchさん がんばってます
ROM

シンクロニシティが気になる
みゅーさんの
こころセラピー SmiLy


Archives
コメントありがとう !!
  • ライブドアブログ