私たちは、周りにブスッとした人がいると、つい「どうしたの?」とか言って機嫌をとったりします。
相手の機嫌が悪いと、こちらまで気分が悪くなるからですね。
で、相手の機嫌をとろうとするのです。

 しかし、これは実のところ間違った対処の方法だったのです。
相手の機嫌をとっても、うまくいくことはほとんどありません。

 これを今から検証していくことにしましょう。

 私たちは周りの状況に影響されます。特に悪いことは。。。
そこで、周りに働きかけて良い状況にしようとします。
周りが良くなれば、その良い状況の影響を受けられると思うからです。

 しかし、この世がミラーワールドだとしたら・・・。

 ミラーワールドとは、自分の心の内が目の前に再現されている、という理論です。
この考えからいきますと、周りへの働きかけは意味を持ちません。
むしろ、周りから影響された自分の心の内の感情のみが重要です。

 相手の機嫌をとってみても、相手が機嫌を直すことは稀でしょう。
そうすると、機嫌を直してくれず気分が悪い自分が再現されてしまいます。
つまり、堂々巡りで、気分が悪いことばかりが起こることになります。

 そこで、鏡の向こう側である相手の機嫌をとるのではなく、鏡のこちら側である自分の機嫌をとる、という対策が有効となります。

 相手に影響されて気分が悪くなった自分の機嫌をとるのです。
そのやりかたはさまざまですが、自分が機嫌が良くなる方法を知っておくのが重要です。
相手を無視することなく、自分の機嫌をとれる方法が最高ですね。

 この方法をとりやすくするためには、となりのポン太さんの『引き寄せを中心に幸せと豊かさに役立つこと』というブログで、斉藤一人さんの言葉が参考になります。

>あちらは、あちらの都合で 機嫌が悪いんです。
>こちらは、こちらの都合で 機嫌がいいんです。

 う〜む。いい表現ですね。さすがです。

 これからは、この言葉を胸に、機嫌の悪い相手に影響されないよう努めたいと思います。

 本日もお読みくださり、ありがとうございます。




*** あわせて読みたい内部リンク ***
暗黒のフォースから身を守る方法 その1
----------------------------------------------------
  ↓ ↓ ↓ ご機嫌!と思った人も。。。
人気ブログランキングへこんな生き方に賛成の人も、 ポチっ!
----------------------------------------------------

Copyright 生活向上委員会