人生のマニュアル。
それは、人が常に追い求めているものです。
そして、いろいろなマニュアルが発行されています。
それが、成功法則であったり、宗教であったりします。

 私は、成功法則も宗教も否定しません。
むしろ、最大限に活用しようと肯定します。
成功法則も宗教も、人生をよい良く生きるための指針になるからです。

 ただ、そのマニュアルどおりに行動して、あなたの人生は良くなっているでしょうか?

 ここが問題なのです。

 それで全て良く進んだのなら、何ら問題はありません。
しかし、全てがうまくいく教えは今だ存在していないのもご承知のとおりです。

 その時人は、このマニュアルは使い物にならないと否定し、新たな教えを模索し、求めます。
このような状況では、前に進むことはできないでしょう。
では、どうすれば良いのでしょうか?

 それは、全否定せず、自分の環境にフィットした部分を見つけることです。
人それぞれ自分を取り巻く環境は違います。
ですので、どのような教えであっても万人にジャストフィットする教えを説くのは難しいのです。

 ですので、あらゆる教えを吸収し、フットする側面を組み合わせる必要があります。

 そうすることにより、自分にジャストフィットするマニュアルが出来上がるのです。

 この作業を怠っているかぎり、いくら追い求めてもジャストフィットするマニュアルは見つからないでしょう。

 世の中には色々な教えが存在します。
その教えの中には拒絶を感じることもあるでしょうが、なるほどと思える教えもあるでしょう。
その、なるほど、を統合するのです。

 それぞれの教えは、ある視点から見れば完璧です。
しかし、自分の環境がその視点にあるのかが問題なのです。
この視点が異なるがゆえに、それぞれの教えが違ったものに聞こえますが、求めているものは同じです。

 ある人が富士山の絵を描いた。
また、ある人も富士山の絵を描いた。
くらべるとなんだか違う。どちらが正しい富士山か。
実は、ある人は北から眺めた富士山を描き、ある人は南から眺めた富士山を描いただけだったりするのです。

 自分が北にいるなら、その絵を信じれば良いでしょう。
自分が南にいれば、その絵を信じれば良いのです。
 ただ言えることは、あなたがいる北はその人の北とは完璧に同じ場所ではない、ということです。

 この視点と同じことが、個々の環境にも言えます。

 ですので、このビミョウな違いは修正するか、我慢するか、それなりに納得するかしかないのです。
どの方法を選ぶかは、それぞれに自由です。

 個々にジャストフィットする既成のマニュアルは存在しない。

 という概念の基に考えますと、マニュアルどおりにして幸せになれなかったとしても、なんら問題はありません。

 いかがですか?
これで、完璧なマニュアルを探す必要性はなくなりましたね。
気が楽になりました。

 あとは、どう活用するかです!

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。




----------------------------------------------------
  ↓ ↓ ↓ 活用!と思った人も。。。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へこんな生き方に賛成の人も、 ポチっ!
----------------------------------------------------

Copyright 生活向上委員会