心の隙間を広げる?
それってよくないんじゃないの?
隙を突かれちゃうよ。

 なんて思っていませんか?
私もそう思っていました。
そして、そのとおりだと思います。
今でも、そう思っています。

 で、この隙をつくらないようにしようと思うのが普通ですね。
隙間だらけは良くないのも当然です。
そこで、密閉しようとする。
心の場合、心を閉ざそうとします。
これが暗黒の始まりですね。
今、悩んでいる人はよくわかるでしょう。
そのうえ、心を満たそうとして何かを考える。
考えで満たされた心には、隙間こそ無くなります。
しかし、そのために動くことすらできなくなってしまう。
動けなくなっても動きたいので、さらに考える。
もう心の中は、考えでびっしり埋まりました。
当然、隙間もなくなっているでしょう。

 でも、どんどんつらくなりますよね。

 なぜ?

 それは、隙間を埋めてしまったからです。

 でも、隙間はよくないよね。
なぜ、よくないの?
攻められるから。
でも、埋めちゃったら動きがとれないよね。
じゃあ、どうすりゃいいのよ!

【隙間は隙間だから良くない】

 そうです。隙間を隙間じゃない状態にすれば良いのです。
その方法として、『埋める』というやりかたがあります。
これでうまくいく場合もありますので、うまくいっているならばそれで良し、です。
ただ、それでうまくいっていない場合・・・。
他の方法を試みなければ、解決は難しいでしょう。

【埋めてだめなら広げてみよう】

  隙間風というのがあります。
これは、あまり気分の良いものではありません。
それは、風にスピードがあるからかもしれません。
その風のスピードが緩んだとしたら、どうなりますか?
そよ風です。
これは気分がいいですね。
この気分がいいそよ風を招き入れるには、どうすればいいでしょう。

 そうです。隙間を広げてスペースをつくるのです。
窓の隙間からはヒューヒューと不快な風が進入します。
でも、その窓を開け放つと?
そよそよと快適な風に早代わり!

 風じたいは同じだけれど、受け入れ態勢で変わるところにご注目。

 これは、窓だけではなく、物理空間にも適用できます。
あまりにもびっしり詰まった倉庫をイメージしてください。
奥の品物を取る時、苦労しますね。
奥の品物を快適に取るためには、それなりの通路 (空間) が必要です。
隙間程度では役に立ちません。
つまり、隙間を広げなければ快適に物を取り出せないのです。

 物理空間で適用できるのであれば、心の空間でも適用できるはずです。
適用できるというか、適用されていると言ったほうがよいでしょう。

 隙間はあまり勧められる状況ではありませんが、埋めるだけが能ではありません。
広げる方がメリット高いのです。
だって、そこに入ってくるスペースができるのですから。
べつに何も入ってこなくても、そこは動き回れるスペースになります。
グランドに物がびっしりあったら、運動どころではありませんよね。

 その空間で何かを受けるのも良し、そこで動き回るのも良し。
その選択は、あなたのものです。

 この発想を与えてくれた神に感謝します。

----------------------------------------------------
  ↓ ↓ ↓ 空間!と思った人も。。。
人気ブログランキングへこんな生き方に賛成の人も、 ポチっ!
----------------------------------------------------

Copyright 生活向上委員会